anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由

2015年作品、マイウェン監督、エマニュエル・ベルコ主演。

スキー場で、何かためらいながら滑り始めたトニー(エマニュエル・ベルコ)は、息子の声も聞かず猛スピードで滑り降りて行った。 彼女は、転倒してヒザに大けがを負ってしまう。
彼女は、リハビリセンターの医師からリハビリを開始する前に、不自然な転び方を指摘され、“心” の話を受ける。 彼女は何を言われているのか始めはわからなかったが、ヒザの痛みは心の痛みと連動すると諭され、思い当たるあまりホロリと涙をこぼしてしまうのだった。
あれは10年前、夜ふけ過ぎのクラブ。 トニーは弟のソラル(ルイ・ガレル)と、彼の恋人のバベット(イジルド・ル・ベスコ)と一緒に飲んでいた。 そこに、学生時代にバイトしていた店の常連客で、秘かに憧れていたジョルジオ(ヴァ ンサン・ カッセル)と再会する。
いつも美女たちを引き連れていたレストラン経営者のジョルジオは、マジメな学生だったトニーのことなど全く覚えていなかった。 だが、バツイチになり昔よりは大胆になったトニーは、機転の利いた印象的なアプローチでジョルジオの心をつかむ。
二人が恋におちてからの進展は早かった。 なぜかジョルジオは、プロポーズより先に 「君の子供が欲しい」 と言い出した。 想像以上に遊び人だったジョルジオの過去に不安を抱くトニーだが、「今は違う」 という彼の言葉を信じたかった。
やがてトニーの妊娠が判明し、二人ソラルとバベットとごく親しい数人の友達に見守られて、ささやかだけれど愛情に満ちた結婚式を挙げるのだった。
ところが結婚するや否や、次々と “事件” が巻き起こる。 まずはジョルジオの昔の彼女のアニエス(クリステル・サン=ルイ・オーギュスタン)が自殺未遂をはかる。 別れてからも彼を保護者のように頼るアニエスが、トニーの妊娠にショックを受けたのだ。 責任を感じたジョルジオは、アニエスのもとへと通うようになる。
逆上したトニーは、「彼女にはもう構わない」 と約束するジョルジオを無視して家を出て行く。 ソラルの家に逃げ込み冷静になったトニーはジョルジオに謝るが、開き直った彼から 「彼女の世話は続ける」 と宣言されてしまう。
そしてジョルジュは、家の近くに別の部屋を借りる。 その部屋は、ジョルジュだけでなく、普通に生活のできる部屋、そしてトニーは激怒するのだった…

監督はマイウェン、女優としては 「フィフス・エレメント」 に出演、監督としては2作目となるようです。
主演はエマニュエル・ベルコ、彼女の脚本、監督もするんですが、今作は主演ですね。 出演作は初めて見ました。 そしてヴァンサン・カッセル、先日観た 「たかが世界の終わり」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14762129.html での主人公の兄役は印象的でした。 また2014年版の 「美女と野獣」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12342339.html でも野獣役をしていましたね。
冒頭のシーンは、二人が出会い、長男が生まれ、もういろいろあってからの事故のシーンですね。 そして時代をさかのぼって出会いから始まって行く作りになっています。
弁護士というある程度硬い仕事のトニー、離婚をした後で出会いが欲しかった彼女は、男のような名前が珍しかったというちょっとした興味を持たれた金持ちのレストランのオーナーのに、どんどん惹かれて行きます。
はたから見ていると、危なっかしい男。 弟のソラルは初めからそれを見抜いていて、ジョルジュに対してはあたりがきついんですよね。 でもトニーはどんどん入れあげて行き、とうとう妊娠、結婚となって行きます。
しかしジョルジュには、どうしても切れない女性・アニエスがいるんですね。 もうこれはどうしようもない男、“責任がある” というお決まりの言葉で、ズルズルとアニエスとの仲を続けて行く。 そしてとうとう起こった事故がまずこのスキー事故なんですね。
このスキー事故でのリハビリと、今までの生活が行き来しながらの物語、どこかの芸能人の生活を見ているような展開、一歩間違うと殺人まで発展しそうなお話でした。

イメージ 1
出会った二人

イメージ 2
愛は順調に育ち

イメージ 3
そしてささやかな式で結婚

イメージ 4
しかしアニエスという女性が離れない

イメージ 5
彼女は壊れていく

イメージ 6
しかし息子は

イメージ 7