anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

東京上空いらっしゃいませ

1990年作品、相米慎二監督、中井貴一、牧瀬理穂出演。

キャンペーンの前、質問事項を必死に練習しようとする、広告代理店の担当雨宮文夫(中井貴一)だが、気乗りのしないキャンペーンガールのユウ(牧瀬里穂)だった。せっかくのチャンスなのだが、眠りたい、自由が欲しい、彼女は早くもそんな感じになっていた。
雨宮は、サックスの腕が高く、兄の武夫(三浦友和)からは、広告代理店なんてやめて、サックスで勝負をかけた方がいいとはっぱをかけられ、結婚についてもツッコミを入れられる。 しかし親の会社に入り若くして重役になった兄からそんなことは言われたくないと反発をしてしまうが、今の自分にも満足できないジレンマを抱えていた。
スポ ンサーの好色な専務白雪恭一(笑福亭鶴瓶)は、そんな広告代理店の雨宮たちの前では勝手気ままにふるまい、ある日キャンペーンの後に、ユウに相手をさせようとする。 危険を感じたユウは白雪の魔手から逃れようと、自動車からとび出した瞬間、後続の車にはねられ、死んでしまう。
街にあふれる看板やポスターや写真や音楽をそのまま残してユウの魂は東京上空へと舞い上っていってしまった。
気が着くとユウは、何か綺麗なところにいた。 そこに現れたのが白雪だった。 しかしそれは白雪ではなく、彼女が最後に見た男の姿をした死神のコウロギ(笑福亭鶴瓶=二役)だった。 しかしまだまだこの世でやりたいことのあるユウは死んだことに納得せず、コウロギになんとか地上に戻りたいと言い、天国に行くのを拒むのだった。
仕方なくコウロギは生前の姿以外ならしばらく地上に行ってもいいと約束をするので、彼女は化粧をしっかりした町にあるポスターの女性にしてほしいと言い、彼女は地上に戻ることができた。 そう、それは優自身で、上手くコウロギを騙したのだった。
一方、白雪たちは、事故をひたすら隠してキャンペーンを続けることにし、後始末に奔走していた。 そして、事故の知らせを聞いて右往左往している雨宮文夫のマンションにユウは現われたのだった。
唖然としてうろたえる文夫。 ユウはユウで戻ったものの、自分はもう死んでいることになって いるのだ。 家にも帰れず、学校にも行けない。 文夫は、そんなどこにも帰れないユウと同居しながら、ユウの事故死の後始末をするはめになってしまうのだった・・・

死んだ人間が生き却ってこの世に再び現れる。前に見た 「天国から来たチャンピオン」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14714565.html もそうでしたが、あれは天国側の手違い、この作品はユウのわがままで、上手く死神を騙して帰ってくるという設定です。
しかし条件は、この後しっかりつけられ、“自分が死んだことを知っている人間に遭ってはならない” という事でした。 それはもう芸能界、モデルにはなれないという事で、なぜか文夫だけは許されているんですね。
しかしそれも白雪が、彼女を手籠めにしようとした事実の発覚を恐れ、彼女が死んだことを隠蔽している間だけのこと、みんなが彼女が死んだことを知れば、彼女は天国に返されてしまうという設定なんですね。 ここで面白いのは、鶴瓶が二役をやっていること。 強欲なスポンサーと死神、似ているようで似ていない二役を使い分けているんですが、まだまだ硬い演技の鶴瓶ですね(^^)
また牧瀬里穂は新人女優で初主演、だいぶ監督に鍛えられたという話が伝わってきていますが。 そして、今作は、歌手で作曲家の出門英が出演していて彼の遺作になっています。 公開直後に病状が悪化、急逝されているんですね。
監督は相米慎二、若くして彼も亡くなっているんですが、私は結構多くの作品を見ています。 「セーラー服と機関銃」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13956444.html 「翔んだカップル」 「お引越し」 「台風クラブ」、コケタけれど、武藤敬司主演の「光る女」 も撮っていますね。
独特なタッチの監督でしたね。

イメージ 1
死んだはずのユウが現れる

イメージ 2
始めは理解ができない雨宮

イメージ 3
もちろん仕事に復帰できないユウは故郷に

イメージ 4
そしてユウにだんだん同情をして行く雨宮

イメージ 5
そしてユウも雨宮にやりたいことをやってほしいという思いに

イメージ 6