anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ハロウィン(2018)


1978年、ハロウィンの夜、アメリカ・イリノイ州ハドンフィールドで精神病棟から殺人鬼マイケル・マイヤーズ(ニック・キャッスル)が脱走。 彼は真っ白なハロウィンマスクを被り作業つなぎの出で立ちで次々に人々を惨殺していった。 一人の女子高生ローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)の命を狙うマイケルはすんでのところで射殺されたはずだが、遺体が消える。 この恐怖の化身を、人々は畏怖の念を込めてブギーマンと呼んだ。
事件から40年後の2018年。 ハロウィンを間近に控え、40年前の凄惨な殺人事件の真相を追うジャーナリストのアーロン(ジェファーソン・ホール)とデイナ(リアン・リース)は、マイケルが収監されている精神病棟を訪ね、主治医のサルテイン(ハルク・ビルギナー)に話を聞く。
ルテインによると、この40年間マイケルは一言も話さず、動機や感情は一切不明であった。 病院を後にしたアーロンとデイナは、事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)の元へ。 彼女は事件以来トラウマが残り気難しい人間になっており、マイケル・マイヤーズが人知を超えた恐怖の化身ブギーマンであることを主張し、それ以上話すことはないと二人を冷たくあしらう。家族と一緒に過ごすよりも、マイケルが再び目の前に現れることを想定し非常事態に備えてきたローリーは、娘のカレン(ジュディ・グリア)からは距離を置かれ、孫のアリソン(アンディ・マティチャック)からは心配されている。
ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転。 警察が駆けつけたときには、同乗していた警察官や他の精神病患者は息絶え、マイケル・マイヤーズは忽然と姿を消していた。
カレンは母の言葉を信じず、またアリソンはハロウィンパーティーに出向いている中、ローリーは再び街に解き放たれたブギーマンとの対峙を決意。 40年の時を経て、再び恐怖に満ちたハロウィンが始まる…

これはやはり面白いし、怖くて、陰惨ですね。
監督はデヴィッド・ゴードン・グリーン、「グランド・ジョー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14427831.html ともう1作記事にしていますが、ドラマ作品も上手い監督だと思いますし、今作は、ある意味復讐劇の対決でした。
主演はジェイミー・リー・カーティス、前作から40年たって同じキャストというのはすごいですね。 「ザ・フォッグ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13601908.html 「テラー・トレイン」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14611514.html と記事にしています。
そしてニック・キャッスル、もちろんブギーマンをずっと演じていますが、マスクなんで素顔はわかりません。 一貫して彼ですね。 監督作品は記事にしていません。

物語は、二人のジャーナリストが、精神病錬にいる彼を訪ねます。 いまの主治医はサルティンというのですが、彼は前任者から引き継ぎ、ずっと彼を見守っていましたが、何一つ口を利いてくれません。
しかしこの病錬から移送される予定になっているんですね。 なにか危険な匂いが感じ取れます。
一方、40年前のただ一人のその町の生き残り、ローリーは世捨て人のような生活を送っていて、家族から距離を置かれていました。 しかし彼女は絶対に終わっていない、そして必ず迎え撃つという気持ちをもち続けているんですね。

今作は、前作をみる時間がありませんでしたし、なかなか配信リストに入っていないんですよ。 今後はこの一連のシリーズを見ていこうと思っていますが、ソフトを手に入れないとダメなようです。

イメージ 1
アーロンとデイナが彼を訪ねるが

イメージ 2
異様な光景を目にする

イメージ 3
そして事故が起き解き放たれるブギーマン

イメージ 4
そして惨劇が始まり

イメージ 5
とうとう二人が遭遇する

イメージ 6