anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー


幼い少女・ジン(ボー・ガズドン)は必死に逃げていた。 彼女は突如現れた帝国軍の機体からだった。 とうとう来るべきものが来た。 ゲイリン・アーソ(マッツ・ミケルセン)は妻のライラ・アーソ( バレン・カネ)と娘を逃がし、降り立ったオーソン・クレニック(ベン・メンデルソーン)と話し始める。
クレニックは、有能な技術者の彼の力が必要で一緒に来てほしいと言ってくるが、自分は妻に先立たれ、もうここで農場をしていると言って拒むのだった。 しかしライラが夫がこのまま連れ去られると思い姿を現し、拉致を阻止し、夫を守ろうとするが冷酷なクレニックに殺されてしまう。
一人残されたジンは、カモフラージュした穴に隠れ兵士たちが行きすぎるのを待った。 そして彼女を救ったのは父の友人のソウ・ゲレラ(フォレスト・ウィテカー)だった。
月日は流れ、銀河全体を掌握しつつあった帝国軍は究極の兵器であるデス・スターの完成の時を迎えた。
そんな中、帝国に抵抗を行っていた反乱軍の元に、デス・スター開発の主要人物であるゲイレン・アーソよりデス・スターの重要情報を入手して逃走した帝国軍のパイロット、ボーディー・ルック(リズ・アーメッド)の情報が入る。
ボーディーはゲイレンの指示に従って反乱軍と同じく帝国に反旗を翻していたソウ・ゲレラ一味に接触するが、用心深いソウは彼を捕獲してしまうのだった。
ゲレラ一味は過激な集団であり、同じ帝国を敵としている反乱軍に対しても敵意を持っていた。 全体を脅かす帝国軍の究極兵器 “デス・スター” の設計図を入手するため、反乱軍は極秘チームを結成する。
情報将校キャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)はソウに接触するためある女性を見つけ救いだすのだった。 彼女はジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)、ゲイレンの娘で、ソウが彼女の育ての親だった。 しかし彼女は今はたった一人で生きていて、帝国軍に捕まっていたのだった。
しかし捕虜護送車から彼女を救い出し、反乱軍首脳は彼女を説得、キャシアンとジン、そして帝国軍のアンドロイドで、改造されたK-2SO(アラン・テュディック)はジェダという星に向かうのだった。
そこはジェダイが多くいた寺院がかつてあり、今はソウ・ゲレラの根拠地となっているのだった。 彼女ならソウを説得し、反乱軍側に情報を共有させ、ボーディーの情報を手に入れられる。 し かしキャシアンは、別の任務も命令されているのだった…

この作品、オープニングを見ると、やはりナンバリングの 「スター・ウォーズ」 ではないんだという実感が沸きますね。 お話は「4」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13740597.html の直前のお話、手足をもぎ取られたダースベイダーが、いよいよ悪の化身として台頭する前夜という側面もありました。
監督はギャレス・エドワーズ、「モンスターズ/地球外生命体」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13345968.html 「GODZILLA ゴジラ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11943075.html と順調に出世した41歳の若き監督、一番いい時ですね。
主演のジン・アーソは「インエフェルノ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14526693.html に起用されたのが最新作、その前はスピードアクションの 「アウトバーン」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14218685.html という作品にもヒロイン役で出演しています。
物語はジェダイが滅び、帝国軍がどんどん進行をしつつある時のお話ですね。 こういう映画化になっている間の作品は、今までアニメだったり、小説でしか取り上げられませんでした。
何とか実写でドラマくらいにはしてほしかったのですが、なかなかそうも行きませんね、なんと言ってもスター・ウォーズですからね(^^)
しかしディズニーならではの資本力と言いましょうか、最終3部作をただ3作で終わらせたくないという力の入りようはただただ凄い。 本編に負けない作品をしっかり作り上げてきました。
主人公である、スカイウォーカー家のメンバーがほんのさわりしか出てこないこの作品、でもやはりアーソ家というデス・スターの設計者の家族の物語ですね。
いきなり虎児同然となったジン、彼女はいきなり宇宙を救うという大使命を担う事になるんですね。 でもそれは彼女自身が帝国軍と戦うのではなく、デス・スターの設計図を手に入れるという使命なんですね。 でもこれが無ければ 「4」 でのあの偉業はなされない、本当に重要な役目であり、こういう戦士がいたからこその 「4」 の物語があるんですね。
もちろんスター・ウォーズファンも納得のシーンもおまけでついてきます。 先着特典の大型クリアファイルもゲット、満足度の高い作品です。

イメージ 1
二人に助け出されたジン

イメージ 2
反乱軍の基地に

イメージ 3
増殖している帝国軍

イメージ 4
ジェダに向かったジンたち

イメージ 5
ダースベイだーが実権を握りつつある

イメージ 6
自分たちをローグ・ワンと名乗り設計図を

イメージ 7