anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

魔法使いの弟子


千年前、魔法使いマーリンの弟子で善なる魔法使い “マーリニアンズ” を率いる第777代目の最高指導者あるバルサザール(ニコラス・ケイジ)は、同じ弟子仲間のヴェロニカ(モニカ・ベルッチ)と恋に落ちる。 しかし、彼の兄弟子ホルヴァート(アルフレッド・モリーナ)もまた、ヴェロニカに恋をしていたのだった。
しかし、彼女はバルサザールを選んだことから、ホルヴァートは彼らを裏切り、敵対していた最悪の魔女モルガナ(アリス・クリーグ)に寝返ってしまう。
モルガナを止めるために、ヴェロニカは自らの魂にモルガナを宿し、バルサザールに封印させ、バルサザールはホルヴァートも封印するのだった。 恋人と兄弟子を失ったバルサザールは、モルガナ一味を倒すために自分の弟子を探す旅にでた。彼は一千年近くの間、マーリンの後継者を探して世界中を旅していた。
ある日、小学生たちは社会科見学に出かけていた。 クラスの人気者のベッキー(ペイトン・リスト )と、浮いた存在のデイブ(ジェイク・チェリー)は、お互いに気になりながらも、恋を打ち明けることがでずにいた。
彼女に自分のことをどう思っているのか紙に書かせようとしたディブは、それが風に飛ばされグループから離れてその紙を追いかけていると、デイブはある店に惹かれ、入り込むのだった。
そこは、骨董店で、古くて不思議なものがいっぱい置かれていた。 そこはバルサザールの店で、彼はデイブこそがモルガナ一味を倒す力を持つ弟子だと直感する。どんどん説明を始めた時、デイブはある人形に触れてしまう。 それは、ホルヴァートが封印されていた人形だった。
ホルヴァートとバルサザールが激しい戦闘をし、互いに壷に封印されてしまい、デイブは、魔法使いの戦いに恐怖し、店を飛び出したところ、教師に捕まるのだった。
泣きながら説明するデイブだったが、幻覚を見たとしてとりあってもらえず、恐怖でおもらしをした、と皆からからかわれてしまう。
そして10年がたつのだった。 デイブ(ジェイ・バルチェル)は内向的で人付き合いが苦手だったが、物理の天才として大学教授の助手を務めていた。 ベッキーテリーサ・パーマー)も同じ大学に進学し、2人の関係は小学生の頃から変わらないのだが、進展もまったくなかった。
ある日、バルサザールたちが封印されていた壷が割られ、ホルヴァートが出てくるのだった…

ニコラス・ケイジ主演のファンタジーアクション、ディズニー作品で、ニコラス・ケイジがディズニーファンタジーをベースにし、「ナショナルトレジャー」 のスタッフとともに映画を撮りました。
そして弟子となるデイブ役にはジェイ・バルチェル、「ヒックとドラゴン」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/1537558.html でヒックの声をしていますね。
物語はこの後、魔法使い同士の戦いになっていくんですが、10年の歳月が流れていて、大学生となったデイブはすっかり魔法使いの件など昔の話になっています。 実際に魔法を見ていはいますが、自分にそんな素質があるなんて全く信じられない。まずは彼の説得、教育から始まるんですね。
ディズニー作品で、ここらあたりから質が上がってくる感じなので、CGもしっかりしています。
魔法使い同士のバトルですが、「ハリー・ポッター」 シリーズよりはずっとライトなんで見やすいですね。
ラストはちょっとしたひと工夫があり安心できますね。

イメージ 1
デイブが迷い込んだ店が

イメージ 2
時は流れホルヴァートが復活

イメージ 3
バルサザールも復活

イメージ 4
そして魔法の修行を

イメージ 5
しかし立ちはだかる兄弟子

イメージ 6