anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

2010年作品、大森立嗣監督、松田翔太高良健吾安藤サクラ出演。

同じ児童養護施設で兄弟のように育ったケンタ(松田翔太)とジュン(高良健吾)。 2人は、工事現場で壁の破壊を行う “ハツリ” と呼ばれる仕事をして暮らしていた。だが、職場は低賃金、劣悪な労働環境だった。 そして何かにつけ、先輩の裕也(新井浩文)からの執拗ないじめに遭い、快適さからは程遠い場所だった。
ある日、カヨちゃん(安藤サクラ)という女の子と知り合ったジュンは彼女の家に転がり込む。 一方、ケンタは毎月、裕也に金を払い続けていた。 
それは、ケンタが13歳のとき、兄のカズ(宮崎将)が幼女誘拐事件を起こした。 それを馬鹿にした裕也は、カズにナイフで切りつけられ負傷。 その賠償金と称して、裕也はケンタから金を巻き上げてい たのだ。
将来の夢もなく、日々虐げられる生活に絶望する2人。 そんなある夜、ケンタとジュンはとうとう爆発してしまう。 働いていた事務所をめちゃくちゃにして、ハンマーを手にして裕也の車を破壊する。 当初二人で行う計画だったが、カヨちゃんがどうしてもジュンと離れたくないと言って着いて来てしまう。
会社のトラックを盗み、バイクを積んで逃走が始まる。 途中で、工事で使う銅線を盗み取り、彼らは北に向かっていく。
カヨちゃんは、男の誘いに誰でも乗ってしまう女の子・20歳だった。 しかしジュンのことが気に入り、離れたくなくなっていたが、意外に金を持っていた。
SAでトイレに行っているとき、彼女の財布から金を抜き取り、二人は彼女を置いて逃げてしまう。
途中で出会った闘犬を飼っている男(小林薫)は、なぜか二 人を気に入り、持っていた銅線を買ってくれる。 だが、途中の山の中でトラックがガス欠を起こしてしまう。機嫌の悪くなったケンタはジュンに八つ当たりをする。 しかしジュンにバイクに乗り換えたらいいと言われ納得、途中中型バイクを盗んで2台でさらに北上していくのだった。
二人が目指しているのは、カズのいる網走刑務所だった。 演題で共通の友達の洋輔(柄本佑)のところにより、さらに遊びながらどんどん北へ向かう二人だった…

大森立嗣監督の2作目の作品、最新作は 「セトウツミ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14275401.html でしたね。 また「まほろ駅前多田便利軒」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12314023.html 「まほろ駅前狂騒曲」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12324553.html ですよね。 このシリーズは面白い(^^)
6年前に公開されたこの作品、松田翔太高良健吾安藤サクラと、いま第一線でバリバリのメンバーを集めていますし、それだけでなく新井浩文、田部未華子、柄本明・祐親子も出演して今が旬な役者が総出演していますね。
また洞口依子小林薫山本政志もスパイスの効いた感じで出演しています。
物語は、閉じ込められ、抜け出せない世界から何とか突き破ろうとする2人の男と、1人の女のロードムービー。 ちょっとした病気を持っていたり、まったく今まで勉強をしてこなかったり、絶えず寂しさを持って誰かに頼っていたり、でも誰しもが少なからず持っている負の部分を、3人の主人公が必死に抜け出そうとする姿を赤裸々に演じているんですね。
そしてようやく網走に着いた時、ケンタが面会した兄の姿に愕然とします。 3人は一体どこに行くのか?
それは海を越えた知らない世界だったんでしょうか?

イメージ 1
鬱積した人生のケンタ

イメージ 2
いつも一緒のジュン

イメージ 3
二人についてくるカヨちゃん

イメージ 4
3人の旅が始まるが

イメージ 5
カヨちゃんは捨てられる

イメージ 6
北を目指す二人

イメージ 7