anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48

2016年作品、石原真監督、AKB48グループメンバー出演。

AKB48 のドキュメンタリーシリーズ5作目となる今回は、『NHK 紅白歌合戦』の参加12 回を数える元NHKの名物プロデューサー、石原真を監督に抜擢。 AKB48をブレイク前から追い続け、長年見守り続けてきた人物ゆえにメンバーやスタッフの信頼も厚く、今まで石原だけがカメラを回すことを許された現場も数多く存在してきた。
本作では、そんな監督自ら撮り続けて来た “石原カメラ” による秘蔵映像の数々を惜しみなく公開。 これまで伏せられてきた裏の現場映像も解禁される。
女性アイドルグループとして数々の記録を塗り替えて来た AKB48の 10周年。 初代総監督・高橋みなみの卒業と横山由依新体制への移行の裏で起きた涙のドラマとは? HKT48指原莉乃 VS. NMB48山本彩など姉妹グループの台頭、新グループ NGT48の誕生、そしてライバル乃木坂 46の大躍進など、移りゆく時代と AKB48はどう戦うのか? さらに石原カメラはメインストリームを走るメンバー以外にも密着。
インドネシアでもっとも有名な日本人タレントの1人として活躍する者や、焼き肉店のオーナー社長として奮闘する者など、特異な成功者の実像にも迫る・・・

もうシリーズ5作目ですね。 昨年は製作されなかったAKB48のドキュメンタリー、しかし姉妹グループは、公式ライバルの乃木坂46のドキュメンタリーが制作されました。
前作 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13867000.html は大島優子の卒業や、襲撃事件という悲しい出来事も盛り込んでありました。
今作の監督は石原真、AKBのファンなら有名な方で、NHKエンタープライズ所属のエグゼクティブ・プロデューサーですが、AKB48とのかかわりが強い方ですね。
私はオールナイトニッポンに出演した回を聞いたことがあり、その回は今でも行われている “「誰かのために」プロジェクト” の隊長としての話が大変感銘を受けた人物です。
紅白歌合戦のプロデューサーの実績もありますが、なんと言っても 「AKB48SHOW」 のプロデューサーでしたし、今は製作統括と言う立場でかかわっているようです。
ですからAKB48のドキュメンタリーにはある意味うってつけの人物ですね。
しかし今回は大変難しい時期でのドキュメンタリー作品になりました。 高橋みなみから横山由依への総監督のバトンタッチ、そして2期生がいなくなり、とうとう小島陽菜も卒業を発表、1期生は独りになりますし、3期生も本体に3人、HKTに一人、本当に立ち上げにかかわった、上っていくときのメンバーがいなくなりつつある中での映画。
特に今回は “第二章” の始まり? と言う微妙なテーマを扱っています。 言い方を変えれば “世代交代” と言う大テーマ。
ここ数年いわれ続けているこの大きな問題、有名なメンバーの大量卒業が本体だけでなく、姉妹グループでも起こっている今、じゃあ 「AKB48」 と言うのはどうして存在しているのか?
なんと、AKB48以外の方にも果敢にインタビューをしているんですね。 つんく♂、川上アキラそしてなんと、週刊文春AKB48のスキャンダル記事の担当者まで (^^)
私はもう初っ端のたかみなののラストコンサートで涙腺が緩みましたが、今作は泣けるというよりも、今後の未来の息吹を描いた作品に仕上がっています。
今後10年グループは続くのか? 新しいスターは出てくるのか? いったい誰が飛び出すのか? ファンにとっては新しい世代のどこが出てくるのか? が気になるところですが、チーム8の立ち位置などにも切り込んだ、突っ込みどころも的を得ていた作品でした。

イメージ 1

イメージ 2
ジャカルタの移籍した二人

イメージ 3
今は焼肉店のオーナーの内田真由美、美味しい店です!

イメージ 4
“いちごちゃんず”と言われる15期のみーおん、初センターに抜擢

イメージ 5
14期でチーム副キャプテンの岡田奈々、彼女に病魔が・・・

イメージ 6
高橋みなみの劇場でのラスト公演、最後のファンへ挨拶

イメージ 7