anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ダーク・プレイス

2015年作品、ジル・パケ=ブランネール監督、シャーリーズ・セロン主演。

1985年、カンザス州の田舎町。 母親とその娘二人が惨殺される事件が発生。 家の壁には悪魔崇拝を示唆する血文字が残されていた。
犯人として逮捕されたのは15歳の長男ベン。 生き残った8歳の末っ子リビー・デイ(スターリング・ジェリンズ)は、警察の取り調べで、犯行は兄のベン・デイ(タイ・シェリダン)ではないかと強く証言を求められていた。
28年後、殺人事件の遺族として世間から同情を受け、支援金や自伝出版で食いつないできたリビー(シャーリーズ・セロン)だったが、定職もなく、孤独な生活を送る日々。 もう貯金もそこを突き、弁護士からはちゃんと定職についていればと諭されながら、そんな彼女にある1通の手紙を渡すのだった。
それは “殺人クラブ” という団体から連絡だった。 待ち合わせ場所に現れたのは、クラブのメンバーであるライル(ニコラス・ホルト)という若い男性だった。 そのクラブとは、過去の有名な殺人事件を検証するというもので、有名な事件の重要な証言者としてリビーに会いたがっているのだった。
手紙には500ドルと書かれていたが、彼女は700ドルまで吊り上げ、とりあえず同行することを約束する。
ちょっとおかしな輩も屯している場所だったが、最上階の一室には、過去の重要事件を真面目に検証しているメンバーが集まっていた。 そしてみんなベンが無実だと思っているようだった。
そもそも事件とは、シングルマザーだった母・パティ・デイ(クリスティナ・ヘンドリックス)が農場を営み、必死に4人の兄妹を育てていたのだったが、ある日パティ、長女のミシェル(ナタリー・プリッツ)、次女の3人が殺されたという事件で、デビーだけが必死に脱出して納屋に隠れていたというのだった。 そして当時家にいた無傷のベンが逮捕され、リビーの証言と、ベンが認めたことで、事件は終わった形になっていた。
そして、リビーは今まで頑なに面会に行かなかったベンに会いに行く。
久しぶりにベン(コリー・ストール)と再会するリビー。 彼の手首には女性の名のタトゥーがあった。 やがてリビーの脳裏には、徐々に過去の記憶が蘇ってくる。
当時、ヘビメタ好きで悪魔崇拝に傾倒していたベンは家族の中でも浮いた存在だった。 さらに彼には、近所の少女に性的イタズラをしたという疑いが持ち上がっていた。
ベンにはディオンドラ(クロエ=グレース・モレッツ)という年上の恋人がいて、妊娠が発覚した彼女はベンと一緒に町を出ようと心に決めていたのだった…

公開規模はちょっと小さいのですが、シャーリーズ・セロン主演のミステリー作品。 監督はジル・パケ=ブランネール、「サラの鍵」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11580321.html は私の中では傑作で悲しい作品でした。 久しぶりの新作ですね。
そしてなんといっても、クロエ=グレース・モレッツですね。 ベンの恋人役で重要な女性の若いころを演じています。
物語は、どう考えてもベンは犯人ではない感じで進行していきます。 しかしそこにどうして彼が家族殺しを認めたのか? だとしたら幼いリビーはどうして嘘の証言をしたのか? 謎は謎を呼び、彼女は当時の関係者を訪ねていくことになります。
はじめは金さえもらえればという半ば捨て鉢の考えだった彼女が、だんだん真実を追求せざるを得なくなっていくところが、ちょっとうらぶれたセロンの姿と合いまった感じになっていますね。
真相はデイ家にとって大変悲しいお話になっています。 しかし残された二人の兄弟が、もう一回家族としてやり直せるちょっと温かいものにもなっていました。
ブランネール監督作品は、最後に救いがありますね。

イメージ 1
金も底を尽き八方ふさがりのリビー

イメージ 2
底にライルが現れる

イメージ 3
28年前のベン家・母のパティ

イメージ 4
ベンとディオンドラ、彼女は身篭っていた

イメージ 5
リビーは、兄のベンに面会をしにいく

イメージ 6