anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

恋人たち

2015年作品、橋口亮輔監督、篠原篤、成嶋瞳子池田良出演。

都心に張り巡らされた高速道路の下。 橋梁のコンクリートに耳をぴたりと付けた篠塚アツシ(篠原篤)が、ハンマーでコンクリートをノックする。 機械よりも正確な聴力を持つ彼の仕事は、音の響きで破損場所を探し当てる橋梁点検。
彼は今までの生活、特に妻との出会いの話をある人物にしていた。 そしてそれを書面に残すために。 陳述書にしていたのだった。
彼は数年前に愛する妻を通り魔殺人事件で失い、今では健康保険料も支払えないほど貧しい生活を送っていた。 妻を殺した犯人を極刑にすることだけを生きがいにしてきたアツシだが、親身になってくれる弁護士はいない。 しかし学校の先輩からやっと紹介を受けた弁護士に、彼は今までの二人の生活をまとめてはどうかと言われたのだった…
東京近郊。 高橋瞳子(成嶋瞳子)は自分に関心を持たない夫・信二郎(高橋信二朗)と、そりが合わない姑・敬子(木野花)と3人で暮らしている。 母は、一度使ったラップを、もう一度再利用するほどのケチな女。 しかしあまり不満を顔に出さない、ある意味流された生活をしていた。
そんな彼女の心の張りは、雅子さまが映った動画を見ること。 彼女は、同じ弁当屋に勤めるパート仲間と共に皇室の追っかけをすることが楽しみの一つで、もう一つは小説や漫画を描いたりすることだったが、それは誰に読まれることは無いのだった。
だがある日、パート先で知り合った取引先の肉屋の男・藤田弘(光石研)とひょんなことから親しくなるのだった…
企業を対象とした弁護士事務所に務める四ノ宮(池田良)は、エリートである自分が他者より優れていることに疑いを持たない完璧主義者。 
今日は女子アナの担当をしていたが、身勝手な相談に辟易しながら笑いを保って相手をしていた。 しかし終ると女子アナの話をこき下ろしながら同僚と話していたが、歩道橋を降りようとしたとき、誰かの手が伸びてきて彼は落ちてしまった。 右足を骨折した彼は入院をすることに。
学生時代からの親友・聡(山中聡)が家族と一緒にお見舞いに来てくれたが、そこに高級マンションで同性の恋人・中山(中山求一郎)も来てしまった。 カミングアウトしているので大丈夫と思って気軽にパートナーと紹介したのだが、その時の聡の妻の態度が何か不自然だったのが、彼には目に入らなかったのだった…
3人のそれぞれの世界が微妙に変わっていく…

橋口亮輔監督の前作 「ぐるりのこと。」 を見てからと思っていましたが、今作がギンレイにかかったので、まずは新作から鑑賞してきました。
これはキャストというか、主人公に据えている3人が絶妙ですね。 本当にリアルな演技というか、わざとこういう演技をさせているんなら、物凄いですね。
健康保険証を取りに行ったときの窓口に職員の対応に、どうしようもない感情を抱くアツシ、夫と姑の間で、ただ無表情に生きている瞳子、そしてゲイという自分は才能がありそんなことは大したことではなく、依頼者を見下している弁護士の四ノ宮、3人とも自然な感じで、生々しささえ感じられるんですね。
また脇に有名俳優錬を置いている。 光石研木野花安藤玉恵リリー・フランキー。 ただこのメンバーたちにいかにも無責任でどうしようもない人間を演じさせているのも結構驚きでした。
物語はそんな3人のある意味再生譚なのかもしれませんし、ただ単にそういう流れになっていくというお話かもしれません。 ただ、通り魔殺人の被害者側の葛藤、皇族を語る詐欺、ドラッグ、ゲイ差別、世の中に巣食っているいろんな当たり前にはびこっている事象を、リアルに当事者目線で追っているこの作品、脚本の素晴らしさと、演者たちのリアリティが秀逸の作品でした。(G)

イメージ 1
天才的な感覚を持つアツシ

イメージ 2
瞳子はある男と仲良くなる

イメージ 3
骨折した後、独立を考えている四ノ宮

イメージ 4
瞳子は怪しい水を売っている女とも知り合う

イメージ 5
弁護士を紹介してくれた先輩だが、無責任の塊

イメージ 6