anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ノーカントリー


保安官・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)は父の後を追うように保安官になった。
おかっぱ頭の男が捕まった。 その男は酸素ボンベのようなものを持っていた。 事務所に連れて行って報告をしているとき、その男は手錠をしている腕を前に回し、後ろから電話をかけている警官に襲いかかった。 男は殺し屋でシガー(ハビエル・バルデム)だった。
彼は、特製エアガンを武器にしていた。
ベトナム帰還兵のモス(ジョシュ・ブローリン)は、テキサスの荒野で、ハンティングをしていたが、外してしまい獲物を逃してしまう。
しかしその帰り道に、車が数台止まっていて、近づいてみると死体たちに囲まれた200万ドル詰めのトランクを発見する。
一人の男が生きていたが、もう瀕死の状態だった。 彼はそこにあった銃と弾薬を拝借し、いったん家に帰るが、深夜妻が寝静まった後再び現場に向かうのだが、そこに追手が現れた。
タイヤと肩を撃ち抜かれながらも自宅に戻ったモスは、妻のカーラ(ケリー・マクドナルド)にメキシコの実家へ帰るよう命じて、自身も逃亡の旅に出る。
消えた大金を取り戻すために雇われたのは、オカッパ頭の殺し屋シガーだった。 そして、トランク内に設置された発信器からの信号を察知して、モスの行方を追いかける。 感情を表に出さないシガーは、顔を知られた人間を次々と情け無用に殺害してゆく。
この連続殺人を担当するのは、年老いた保安官のベル(トミー・リー・ジョーンズ)と部下のウェンデル(ギャレット・ディラハント)だった…

コーエン兄弟のオスカー受賞作品、保安官ベルの語りから始まります。 最後も彼が映った語りで終わるんですが、なかなかお話自体は殺伐さと、恐さを持っていましたね。
冒頭、保安官補を扼殺するシーンから始まるんですが、もうこの時点で、ハビエル・バルデム演じるシガーの不気味さが十分伝わってきますし、もうこの男が出てきたら逃げられそうにない恐怖を感じますね。
その後出てくるモス、彼は思わず幸運が舞い降りたと錯覚してしまうんですね。 マフィア同士の抗争でお互い全滅してしまったところに、残されたドラッグと大金、誘惑には勝てず大金をせしめてしまうんですが、これがもうどうしようもない事態になっていきます。
妻をとっさに逃がすところが、ただのオッサンではないし、そこそこベトナムで生き延びてきた元兵士の嗅覚はあるんですが、相手が悪かった。 それでも必死に国外逃亡を企てるんですがね。
シガーの持っている武器が凄いですね。 初めて見ましたが、これなら銃弾がないし、そこから足が着きませんね。 あいても武器だとは思わないし、油断させるにもいいかも、でもちょっと機動性は無いですが。
作り方はもうコーエン兄弟ならではで、結局何もできなかった、保安官たち。 でもしっかり報いを受け去っていくシガーの姿が印象強いですね。
大きな余韻を残した作品でした。

イメージ 1
帰り道大金を見つけるモス

イメージ 2
しかしそこから逃亡生活が

イメージ 3
そして殺し屋シガーが

イメージ 4
シガーの起こした殺人事件を追う保安官たち

イメージ 5
そしてもう一人の殺し屋が

イメージ 6