anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

カムバック!

2014年作品、ジェームズ・グリフィス監督、ニック・フロスト主演。

妹のサムと組んでサルサを踊り、多くの賞を獲得しブルースは、天才ダンサーと呼ばれていた。 師のロン・パーフィットイアン・マクシェーン)が、期待をしていたが、ある日いじめに遭い選手権へ出場できなかったことを境にサルサから遠ざかってしまう。
それから25年経ち、ごく平凡なサラリーマン生活を送っていたブルース(ニック・フロスト)は、すっかり肥満になっていた。 同僚のドリュー(クリス・オダウド )には、いつも肥っていることをおちょくられていた。
昔の栄光などすっかり忘れていたブルースは、出勤も折りたたみの自転車に赤いジャージ、その無頓着さも突っ込まれてしまう。
ある日、新しく赴任してきたジュリア(ラシダ・ジョーンズ)という女性上司が現れる。 アメリカから来た彼女は、どことなく華やかで、ドリューは彼女を狙うとブルースに宣言する。
自分にまったく自信のないブルースは、いつもつるんでいる仲間とお茶をしていると、ジュリアが店の2階に上がって行く。 たまには頑張ってみろと言われ、ちょっとその気になったブルースは、彼女に声を掛けようと2階に上がって行くと、そこはなんとサルサの教室だった。
初級コースで、彼は少年時代に想い出が蘇ってくる。そしてサルサなら彼女に近づける、そう考えたブルースは、再びサルサをしようと思う。
彼は昔の師匠のロンを探しあてる。
サルサなんて女の踊りだ」そう言って止めたブルースだが、ロンは一応話を聞いてくれるが、すっかり肥ったブルースの体を見てちょっと呆れていた。
ブルースはレッスンをしてほしいと言うと、明日の7時に来るよう言われた。しかし、彼は次の日現実を思い知らされる。そうもう昔のステップはすっかり忘れ、すぐに息が上がってしまったのだった。
そしてブルースは一からやり直そうと決心するのだった…

今回は、相棒のサイモン・ペグがカメオだけの出演で、ニック・フロストの孤軍奮闘記の作品です。
なんと彼にサルサを躍らせるという、まあ彼自身の原案なんで、ダイエットをしたかったんでしょうか(^^)
いじめっこの同僚役にクリス・オダウド、彼を励ます妹にオリヴィア・コールマン、彼女は「思秋期」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/8934740.html では名演技でした。
もっとも彼主演なんで、シュールな笑いが多いかなと思っていましたが、主演のニックは、以外に正統派の主人公、その分ドリューとか、周りがエロネタや、ひねりで盛り上げるという感じの作りでしたね。
そのあたりはやっぱり相棒がいないと今一つなのかな? そんな印象も正直受けましたが。
ただ見せ場は最後のサルサ大会ですね。 サムとジュリアと二人と踊るシーンは圧巻でしたが、けっこう練習したんでしょうね。 その盛り上がりと、ノリの良いサルサで締めた作品でした。

イメージ 1
今の現実を思い知らされるブルース

イメージ 2
初級ステップさえも

イメージ 3
しかし駐車場で、ライバルを

イメージ 4
仲間も応援に

イメージ 5
サムの応援も

イメージ 6