anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ストリート・オブ・ファイヤー


高架線と路地裏の多い街、リッチモンド。 リッチモンド生まれのロック・クイーン、エレン・エイム(ダイアン・レイン)がアタッカーズを引き連れて凱旋して来た。 ロック・コンサート会場は熱気に包まれ、ピークに達しようとしていた。
トロールの警官(リック・ロソビッチ)達も警備より彼女が見たくなるほどだった。
ライブが始まり、彼女が歌うとさらにボルテージが上がる。 彼女の彼でもあり、マネージャーのビリー・フィッシュ(リック・モラニス)は大入りに気を良くしたが、その時、ストリートギャングボンバーズのリーダー、レイヴェン(ウィレム・デフォー)が手下を指揮してステージに乱入、エレンを連れ去った。
その夜、レストランで働くリーヴァ(デボラ・ヴァルケンバーグ)は弟のトム・コーディ(マイケル・パレ)に手紙を出した。 トムはエレンのかつての恋人で、彼女の危機を知れば弟が街に戻ってくることをリーヴァは知っていた。 数日後、ロングコートに身を包んだトムが帰ってきた。
挨拶代わりに、リーヴァの店で暴れるチンピラを叩きのめし、彼らが乗っていた車を頂戴した。 手に入れた車で乗りまわしていると、早速警官に呼び止められた。
トムはこの町では厄介者でもあった。 しかしリーヴァは、エレンを何とか助けたくはないかとトムに迫るが、トムは、ビリーから謝礼を貰えそうという条件で、動き出す。
彼はボンバーズの情報を得るため、かつての馴染みの酒場に出かけていった。 そこでトムはマッコイ(エイミー・マディガン)と名のる元陸軍の車輛係をしていた女兵士と出会い、意気投合。 その夜、宿無しのマッコイをリーヴァのアパートに泊めてやった。
翌日、トムは1人で武器を調達、組立式のウィンチェスター・ライフル、ポンプ式ショット・ガン、それに45口径リボルバー武装しエレン奪還の準備を整えた。 その日の午後、エレンのマネージャー兼恋人のビリー・フィッシュ(リック・モラニス)と会い、救出に成功したらトムとマッコイに賞金1万ドルを出させることを約束させた。
そしてエレン奪回作戦を起こすのだが…

これは前から見たかった、見直したかった作品です。 80年代にこの頃の作品は、なかなかDVDが手に入れづらいんですね。 件数は多いですが値が上がる(^^)
この作品と、「フィラデルフィア・エクスペリメントhttp://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6291233.html がマイケル・パレの代表作ですよね。 今はなかなかメーンでの出演はなく、脇での出演作品が多いですが、この頃はバリバリでしたね。
そして相手役のダイアン・レインも、この頃は最高に綺麗でした。 今は渋い母親役、「マン・オブ・スティール」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/10152268.html ではいい感じでした。
そして悪の親玉のレイヴェン役で若き日のウィレム・デフォーが出ています。 ラストバトルの表情が印象的なんですね。
私はこの作品のエンディングライブ曲の「今夜は青春(Tonight Is What It Means to Be Young)」が大好きなんですね。 ダイアン・レインの歌唱ではないんですが、見事に演じ切っています。
物語は単純明快で、特にどうということはありませんが、あと注目の出演者はなんといってもマッコイですね。 エイミー・マディガンがいい味を出し、そっけない女軍人がかっこいいんですよね。
また観たくなるだろう作品です。

イメージ 1
リッチモンドが生んだ歌姫

イメージ 2
しかしストリートギャングボンバーズが拉致

イメージ 3
リーヴァはトムを呼ぶ

イメージ 4
女兵士マッコイと組み、エレン奪回作戦

イメージ 5
次々とバイクを炎上させるトム

イメージ 6
そしてエレンを救出するが

イメージ 7