anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

素晴らしき哉、人生!

1946年作品、フランク・キャプラ監督、ジェームズ・ステュアート主演。
 
夜空で声が聞こえた。 三つの星が何かを話している。 それはある少年のことだった。
ジョージ・ベイリイ(ジェームズ・スチュアート)は子供のころから、生まれ故郷の小さなベタフォードの町を飛び出し、世界一周旅行をしたいという望を抱いていた。
しかし彼は幼いころ、おぼれそうになった弟のハリーを救うため、池に飛び込み風邪をこじらせ、片方の耳が聞こえなくなった。
そんなジョージだが、家計を助けるため小さいころからアルバイトをしていて、ガウワー薬局店で働いていた。 店主のガウワー(H・B・ワーナー)がうっかり間違えて劇薬を処方した時も彼の機転で、薬はその家には届けられなかった。
彼の父は住宅金融会社を経営し、町の貧しい人々に低利で住宅を提供して尊敬を集めていたが、町のボス、銀行家のポッター(ライオネル・バリモア)はこれを目の仇にしていつも彼に圧迫を加えていた。
大都会のカレッジを卒業したジョージは懸案の海外旅行に出ようと思ったが、突然、彼の父が過労のため世を去った。 ジョージは、株主会議で後継社長に推され、承諾せねばならぬ羽目となってしまう。 叔父のビリー(トーマス・ミッチェル)が株主たちをまとめ、会社を続けるためにジョージは会社を継ぐことにした。
彼は、弟が大学を卒業したら会社を譲ることにして、一時海外旅行もおあずけになった。
やっとのことで弟が卒業する年の4年がたって、会社を弟に譲り、ジョージは晴れて旅立つ気でいたが、帰ってきたハリーはなんと結婚してて大工場主を継ぐことになっていた。 ジョージの夢は全く破れ去った。
ある日母のミセス・ベイリー(ボーラ・ボンディ)がジョージに幼馴染のメアリー(ドナ・リード)が帰って来たと聞いた。 母は、ジョージが彼女のことを好きだとわかっていて、メアリーもジョージのことを好きだと思っていて、何とか二人を結びつけようと彼女の家に行くように言う。
母に言われて行きづらかったジョージだが、彼女は優しく迎えてくれた。 始めは意地を張っていたジョージだが、ライバルのサムからの電話を聞き彼はメアリーへの告白は今しかないと思いつき、二人の結婚が決まった。
これから本当の幸せを掴める、そう思ったジョージだが、運命はそう簡単には転がらなかった…
 
今年最後のクリスマス作品、クリスマスと言えば、この作品です。 毎年、アメリカでは定番となっているそうですが、日本ではどうなんでしょう。 地上波では昔はやっていたんでしょうか? もちろんケーブルでは放送されます。
ヒッチコック作品では、よく見ることができるジェームズ・スチュアート、30代後半の一番いい時の出演ですね。
奥様役はドナ・リード、気品のある美しさですね。 始めの星たちのささやきは、後半に大きく物語が動くときの伏線ですが、ラストの30分強がハイライトですね。
ところどころジーンとくるシーンがあります。 薬局のバイトシーン、結婚を決めるシーン、そして新婚初夜のシーン、あとはラストの大団円のシーンですね。
あと、ハイライトの急転するところに登場するのがクラレンスでヘンリー・トラヴァースが演じています。 飄々とした演技が何とも滑稽で、さりげなくいなくなるところが憎いですね。
心温まり、最後は笑顔になれる作品でした。 
“友ある者は敗残者ではない”
 
イメージ 1
会社を継ぐことになるジョージ
 
イメージ 2
意地を張っていた二人は意を決して結婚をする
 
イメージ 3
そしていよいよ新婚旅行なのだが…
 
イメージ 4
しかしとんでもない家に
 
イメージ 5
でも何とか住宅を売り続け町ができていくのだが…
 
イメージ 6
彼の幸せの姿とは?
 
イメージ 7