anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

変態島

2008年作品、ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督、エマニュエル・ベアールルーファス・シーウェル出演。
 
大量の水、多くの悲鳴。 ポール・ベルマー(ルーファス・シーウェル)とジャンヌ・ベルマー(エマニュエル・ベアール)夫妻はタイのプーケット島にいる。 ポールは建築家の仕事があるのだが、もうここに半年もの間いる。 
ジャンヌは息子の靴をまた買ってきた。 ボランティアとして滞在しているということにしている。 その集まりに招かれ顔を出す夫妻。 
今夜集まっている人たちは、次のボランティアや寄付の対象の紹介のために集まっている。 そのビデオを見ているとき、ジャンヌが反応した。 子供の映像にだ。 それはミャンマーの映像だった。
「ジョシュアよ!」 そう言って座り込んでしまった。 ジョシュアとはここプーケット島で半年前に津波により行方不明となった息子の事だった。 彼女は息子が生きていると信じこの島に留まっているのだった。
ミャンマーの映像にジョシュアがいるわけがない。 ボランティアの責任者はポールに、ジャンヌを医者に見せたほうがいいと言う。 カウンセラーと会うようにジャンヌに言うポールだが、ジャンヌは泣き出してしまう。 しかしジャンヌの必死な表情にポールは、妻の言う通りにしてみようと思い、一緒に息子を探しにビデオを手掛かりに行動を始めるのだった。 
果たしてジョシュアを見つけることができるのだろうか…
 
国内未公開のジャンルとしてはサスペンスですかね。 冒頭のシーンの映像は、津波を表しているんですね。 物語が進んでいくとともに、悲鳴でわかるようになります。 この後怪しげな案内人が出てきます。 
日本でも大震災があり、その数年前にはインドネシアに実際に大地震が起き、22万人の死者行方不明者を出しています。 実際遺体が見つからなければ、どこかで生きていてほしいと思うのは親として当然ですね。 
しかし現実的な建築家のポールは、どこかで自分の心に区切りをつけたいんですね。 でもその前に愛する妻の気持ちも汲んであげたい、その優しい心が徐々に悲劇に、そして破滅につながっていきます。 
その意味ではホラーといえるかもしれません。 全体感として暗い作品ですが、災害に遭い子供を亡くした母親の気持ちが色濃く出ている物語でした。

イメージ 1
ひたすら息子が生きていると思いたいジャンヌ

イメージ 2
妻の希望をかなえたいポール、そして妻と行動を決心する

イメージ 3
息子の消息をたどろうとする妻

イメージ 4
そこにいた少年たち

イメージ 5
姿を消した妻

イメージ 6