anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

花とアリス

2004年作品、岩井俊二監督、鈴木杏蒼井優出演。

花こと荒井花(鈴木杏)と、アリスこと有栖川徹子(蒼井優)はつるんでいる。 アリスに連れて行かれるままに、ある電車に乗った花は、不思議な二人?を見せられた。ひたすら本を読んでる学生の後ろに外人が立っている。 制服を着ている外人とその男は兄弟? いったいどんな関係なのか? アリスは兄弟というが、花はただの友達と言う。
次の日アリスは体調を崩したので、花は一人で例の二人を観察した。 遠くからデジカメで撮っていた。 花は思い切って何を読んでいるのか近づいてみた。 彼は落語の寿限無を読んでいた。
高校に入学した花は落研に行った。 案の定彼はいた。 芸名は爆発家五郎で本名は宮本雅志(郭智博)といい部員は二人、部長は大分変な男、洩津当郎で芸名は猛烈亭ア太郎坂本真)といった。
宮本の後を花はつけていると、宮本はシャッターに頭をぶつけて倒れてしまった。「君誰?」 記憶喪失か? 一応病院に行き花はチャンスと思った。 嘘の記憶を植え付けてしまおう。 自分が宮本の恋人で花は宮本にコクられたということにしてしまった。
部分記憶がないと思っている宮本はその話を信じてしまう。 アリスに二人でいるところを見られてしまう。 でもアリスは全然宮本を覚えていなかった。 ここから花の恋人ゲット作戦が始まるのだった・・・

もう8年前の作品ですね。 鈴木杏蒼井優も若いですね。 今はお互いにしっかりとした女優に成長している二人ですが、このころから個性をいかんなく発揮していますね。
岩井監督の独特な淡い映像で、二人を描いていますが、脇に木村多江阿部寛広末涼子大沢たかお相田翔子が出ており、そのあたり固めてていますね。
以前「ハルフウェイ」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/1957271.html を見ましたが、こんな若い俳優陣を使うところがこの監督に真骨頂なんですかね?
まだ岩井監督の特徴がつかめませんが、もう少し見る機会があればと思いましたね。



イメージ 2

イメージ 1
花はある手口で

イメージ 3
アリスを出し抜くが

イメージ 4
アリスはダンスが得意

イメージ 5
いつしか二人は

イメージ 6