anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ハート・ロッカー


2004年、イラク・バグダット、ロボットによる遠隔操作で、爆弾を処理している。 班長のトンプソン軍曹(ガイ・ピアース)のもと慎重に処理していたはずだったが、遠隔操作では無理と判断。 急きょ防爆服を着て直接処理をすることにした。
しかし、向こうで携帯をいじる謎のイラク人。 これは罠だ。 射殺しようとするが一瞬躊躇したその瞬間の大爆発。
殉職したトンプソン軍曹に代わり駐留米軍のブラボー中隊・爆弾処理班にウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)がやって来た。 J・T・サンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)があいさつに行くが、彼はちょっと型破りの人間のようだった。
よく言えば命知らずだが、従順な方ではなさそうだった。 初日から前方に不審な車がいて、調べようとしたその時、後方から猛スピードのタクシーが来た。 ジェームズの前に止まると運転手は降りようとしない。 銃を突き付けてもひるまない運転手。無理矢理おろして拘束する。 しばらく行くと爆発物が埋まっていた。 一人で解除作業をするジェームズ。 まわりの建物からじっと見つめるイラク人たち。 彼らは任期が終わるまで日々死と隣り合わせの生活を送るのだった…

爆弾処理班であるジェームズの生き様を描いた作品ですが、その背景にある終わりがない戦争を表していますね。
イラク戦争アフガニスタン侵攻から、人間そのものが爆弾を身にまとい、死をも恐れない武器と化した戦いをも淡々と描いているところはちょっとぞっとしますね。
アメリカ軍が一つ解決すればするほど、敵がどんどん増えていく。 その中でアメリカ兵に果敢にDVDを売る現地の少年。 何故かジェームズはこの少年のことが気になります。
そこが途中からショットが入る彼の家庭につながるのですね。 しかしラストで彼が選択するのは家庭では結局ないのですが。
「誰かがやらねば」 なのか 「彼の宿命」 なのかそれを知る者は彼だけなんでしょう。
この作品はキャスリン・ビグロー監督ですがこの年vsジェームズ・キャメロンの 「アバター」 として話題になり、「アバター」に勝った評価でしたね。
アメリカ人はこういう作品が心に響くんでしょうか。 たしかに戦争当事者には強く当たるんでしょうが、私はちょっと重く 「アバター」 の方が好きでした。
ジェレミー・レナーは 「アベンジャーズ」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6646762.html でもキーマンを演じ「ボーンレガシー」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/7345232.html では主役といって、今脂がのっている俳優ですが、ちょっと休養する噂がありますね
いい演技をするためでしたら、お休みも必要ですね。

イメージ 1
中東の過酷な地で

イメージ 2
爆弾処理班にウィリアム・ジェームズ二等軍曹

イメージ 3
兵士たちを守るため

イメージ 4
しかし死と隣り合わせ

イメージ 5
爆弾処理の瞬間

イメージ 6