anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

クライ・マッチョ

2021年作品、クリント・イーストウッド監督・主演、エドゥアルド・ミネット ドワイト・ヨーカム フェルナンダ・ウレホラ オラシオ・ガルシア・ロハス出演。

アメリカ、テキサス。ロデオ界のスターだったマイク(クリント・イーストウッド)は落馬事故以来、数々の試練を乗り越えながら、孤独な独り暮らしをおくっていた。 そんなある日、元雇い主のハワード・ポーク(ドワイト・ヨーカム)から、別れた妻のリタ(フェルナンダ・ウレホラ)に引き取られている十代の息子ラフォ(エドゥアルド・ミネット)をメキシコから連れ戻すという依頼を受ける。 犯罪スレスレの誘拐の仕事。

それでも、ハワードに恩義があるマイクは引き受けた。 男遊びに夢中な母に愛想をつかし、闘鶏用のニワトリとともにストリートで生きていたラフォはマイクとともに米国境への旅を始める。 そんな彼らに迫るメキシコ警察や、ラフォの母が放った追手。 先に進むべきか、留まるべきか? 少年とともに、今マイクは人生の岐路に立たされる。

監督主演はクリント・イーストウッド、「運び屋」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15905272 以来の監督・主演でしたね。
ラフォ役はエドゥアルド・ミネット、抜擢ですかね。
その父役でドワイト・ヨーカム、「アドレナリン:ハイ・ボルテージ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14490326 に出演していましたね。
前妻で母親のリタ役はフェルナンド・ウレホラ、初めて見る女優さんでした。
そして中盤から登場するマルタ役でナタリア・トラヴェン、記事にした作品はありませんでした。

流石に歳をとったイーストウッドですが、じゃあ今の彼だったらどんな役ができるのか? それも主演で。 それが今作なんですね。
ある意味前作の「運び屋」と一緒の立ち位置ですが、今回な生身の人間、それも少年で、国境越えをするんですね。 ある意味誘拐ですが、警察に頼れないピンチが何度も来ます。
しかし中盤で登場する女神がなんともいいんですよね。 この女性が彼をはじめに気に入りますが、実は決定打の様なシーンがあるんですよね 。おもわずグッとくる感動のお互い信頼を築くシーンですが、これがあるからこの作品は素晴らしい、いつまで経ってもロマンスを演じるイーストウッドに乾杯ですね。

 

f:id:anttiorb:20220118192710j:plain

f:id:anttiorb:20220118192713j:plain

f:id:anttiorb:20220118192725j:plain

f:id:anttiorb:20220118192727j:plain

f:id:anttiorb:20220118192733j:plain

f:id:anttiorb:20220118192736j:plain

f:id:anttiorb:20220118192741j:plain

f:id:anttiorb:20220118192748j:plain