anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

携帯彼氏

2009年作品、船曳真珠監督、川島海荷 朝倉あき 石黒英雄 小木茂光 大西結花 星野真里出演。
由香(朝倉あき)は真由美(中川美樹)と携帯電話で話をしていた。 何か相談があるようで、由香は里美(川島海荷)と一緒にいたため、真由美の部屋には行かず歩いていると、真由美が飛び降り自殺した。 その後、由香は里美に携帯シュミレーションゲームの話をした。

『あい・すくりーむ』というアプリで、理想の彼氏をアプリで作ってデートするゲームだった。 ラブゲージが100になれば恋愛成就で、0になれば恋愛失敗という内容。 真由美はこのゲームの中のリクという彼氏に殺されると言っていたと由香が話した。 そして真由美の携帯から赤外線を使って由香の携帯に転送しようとしたが、すでにゲーム上の彼氏が居るので無理なのだった。 そこで里美の携帯にリクを転送したが、里美はあまりタイプではない様子だった。
里美は、携帯彼氏のリクに対し、自分には年上の彼氏がいたとメールを送り、ラブゲージは減る一方だった。 年上の彼氏とは高原直人(石黒英雄)で二つ年上の先輩だった。 パソコンを教えてもらった事で二人は急接近し、交際するようになる。 ファスト・フード店でアルバイトをする里美が休憩室で、携帯でリクを見ていると、同僚の絵里(前田希美)に見られてしまう。 絵里は自分のタイプだといい、里美が就業中に、自分の携帯に転送した。

里美にリクを寝取ったと自慢し、やがてラブゲージが100になる。 化粧室で身なりを整えている絵里は床が水浸しになり、感電死した。 里美は刑事の五十嵐(小木茂光)と浅沼(星野真里)の事情聴取を受け、携帯彼氏の話をするが、信じてもらえなかった。

これはガラケー時代のホラーですね。
監督は船曳真珠、初めて作品を見ますね。
主演は川島海荷、「ヤウンペを探せ!」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/12/01/060000 に出演していました。
朝倉あきは、「仮面病棟」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/03/16/060000 に出演していました。

物語は、携帯ゲームが流行り始めました。 携帯の中で彼氏を作り、その親密度を上げていくゲームということです。 そして100%のゲージが上がれば成就、0%になるとゲームオーバー。 しかし謎の自殺、突然死、事故死が若い女性の間で起こり始めます。由香と里美の意目の前で真由美が飛び降り自殺をし、彼女も「携帯彼氏」をしていたことから、これが何らかの原因と思い始めますが、その前に彼女はこのゲーム移植します。
しかしそのゲームを横取りしたバイト仲間が死んでしまったことから、いよいよこのゲームには何か呪いの様なものがあると思い、警察に訴えますが。


この作品はよくできたホラーですよね。 当時のガラケーなんで、今見ると古さを感じますが、設定も、物語も面白いですね。 そしてこの作品から派生作品ができていきます。

 

f:id:anttiorb:20210929193459j:plain

f:id:anttiorb:20210929193502j:plain

f:id:anttiorb:20210929193509j:plain

f:id:anttiorb:20210929193512j:plain

f:id:anttiorb:20210929193518j:plain

f:id:anttiorb:20210929193520j:plain

f:id:anttiorb:20210929193526j:plain