anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

漁港の肉子ちゃん

2021年作品、渡辺歩監督、大竹しのぶ Cocomi 花江夏樹 中村育二声の出演。


肉子ちゃん(大竹しのぶ)は38歳。 その名の通り、まるで肉の塊のように堂々と太った体格の持ち主。 肉子ちゃんは小学5年生になる一人娘のキクコ(Cocomi)と二人暮らし。 大らかで愛情深い肉子とは裏腹に、やせ細った体格のキクコはしっかり者で大人びた性格の持ち主。 周囲からは不釣り合いな親子と思われていた。
肉子ちゃんはこれまで数多くの恋を経験してきた。 しかし、今まで出会った男たちはいずれもダメ男ばかりで、肉子ちゃんは何度も騙されては借金を背負わされ続けてきた。 肉子ちゃんはその度にせっせと働いて借金を返し、恋が終わると共にキクコと共に他の土地に流れ着くという日々を送っていた。
今から3年前のこと。 日本中を放浪していた肉子ちゃんは小説家を名乗る男と出会った。 男は定職に就かず、家で売れない小説ばかりを書いていたが、他のダメ男たちとは違って肉子ちゃんに金を無心することはなかった。 肉子ちゃんとキクコはようやく安住の地を見つけたかと思ったが、ある日突然その男は「故郷で死ぬ」との置き手紙を残して行方をくらましてしまう。
肉子ちゃんは男の故郷はとある北の小さな港町ではないかと思い、キクコを連れて港町に流れ着く。 しかし、結局男を見つけることはできず、途方に暮れた肉子ちゃんとキクコは近くにあった焼肉屋「うをがし」で食事を採ることにした。
「うをがし」の店主・サッサン(中村育二)は妻に先立たれたことをきっかけに店を畳もうと考えていた。 しかし、サッサンは来店してきた肉子ちゃんを“肉の神様”だと思い込んでしまい、行くあてのない肉子ちゃんを「決しておなかを壊さないこと」を条件に雇うことにした。 サッサンは自分が所有している漁港の船を母娘の住処として提供し、肉子ちゃんとキクコはこの港町で新たな生活を始めた。


西加奈子原作、明石家さんま企画・プロデュースの作品ですね。
監督は渡辺歩、「海獣の子供」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15976623 以来の作品ですね。
主人公の肉子ちゃんは大竹しのぶ、声優としては「メアリと魔女の花」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15024039 以来の作品ですね。
キクちゃんの声はCocomi、もちろんキムタクと工藤静香の長女ですね。初めての映画出演はまずは声優ということでしょうか?


物語は漁港で、船を家にして住んでいる親子の物語です。 母の通称:肉子は大きな体で、焼肉店で働いています。 娘のキクコは小学5年生ですが親とは似ていなくスリムで美人でした。 大人びていて、やっとここの生活が落ち着いてきたところで、なるべく周囲に気を配って生活をしていましたが、逆に肉子はすぐに目立ってしまいます。
肉子は、惚れっぽい性格で、いろんな男の惚れて、騙され、金を奪われ借金を背負い、しかしここにきたのは、小説家の男と同棲をしていて彼が急に蒸発してしまったからでした。 彼は真面目な小説家志望の男でしたし、金はなくとも肉子を騙すことはしませんでした。
その彼の故郷がこの漁港の北の地でした。


今作は物語としてはいいですね。 所々泣けるところがありますが、正直声優のチョイス、やはり大竹しのぶには肉子は無理だと思いました。 明石家さんまの無理が通ったということでしょうけど、キャストにも適性があると思います。

 

f:id:anttiorb:20210619074000j:plain

肉子とキクコ

 

f:id:anttiorb:20210619074004j:plain

ここで住んでいる二人

 

f:id:anttiorb:20210619074007j:plain

サッサンの計らいで

 

f:id:anttiorb:20210619074010j:plain

親友のマリコ

 

f:id:anttiorb:20210619074013j:plain

そして気になる存在の彼

 

f:id:anttiorb:20210619074017j:plain

トトロ?

 

f:id:anttiorb:20210619074021j:plain