anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

狼/男たちの挽歌・最終章

1989年作品、ジョン・ウー監督、チョウ・ユンファ ダニー・リー サリー・イップ チュウ・コン出演。

堅気の生活を送ろうと決意した殺し屋のジェフリー(チョウ・ユンファ)は、最後の仕事で誤って女性歌手のジェニー(サリー・イップ)を失明させてしまい、彼女の目の手術費を稼ぐために、再び殺し屋の仕事をする。

目が見えなくなってもクラブで歌い続けるジェニーは、ある夜暴漢に襲われそうになるところをジェフリーに助けられるが、彼女は彼の本来の姿を知らない。 エージェントのシドニー(チュウ・コン)の依頼をうけ、麻薬シンジケートのボスを殺したジェフリーは、彼の甥ジョニー(シン・フイ・オン)に命を狙われるようになる。 伯父の地位を狙うジョニーこそが、この仕事の依頼者だったが、ジョフリーに払う仕事料が惜しくなったのである。 

一方ジェフリーは、刑事のリー(ダニー・リー)たちからも追われる身となるが、リーは彼の身辺を探るにつれ、ジェフリーがそれほど冷酷な男でないことを知る。 やがてジェフリーとシドニーは、ジョニーの率いる組織から命を狙われるが、そんなふたりをリーが助ける。 いつしかリーは、組織に対して怒りを抱いていた。


邦題こそ「男たちの挽歌」 https://anttiorb.hatenablog.com/

がついていますが、全くの別作らしいです。 ただ、ジョン・ウーチョウ・ユンファなので見ておきました。
ジェニー役はサリー・イップ、初めて見る女優さんでした。
刑事のリー役はダニー・リー、「北京原人の逆襲」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/04/23/180000 を記事にしていますが(^^)


物語は、殺し屋ジェフリーの最後の仕事で起こったアクシデントから始まります。 歌手のジェニーが彼の撃った銃弾のせいで、失明をしてしまいます。 その後ジェニーの面倒を診始めるんですが、彼女は自分の視力を奪ったのが彼だとは知らず、彼のことを愛していきます。
そして彼の仕事から、足を洗うことは許されず、命を狙われていきます。


今作は続編でもなく、チョウ・ユンファの名前も違いますが、やはりテイストは似ているアクション満載ですね。 でもなんでもヒット作の邦題をつけて集客をするというのは、どうかと思ってしまいますが。


f:id:anttiorb:20201021190010j:plain

最後の仕事のはずが

 

f:id:anttiorb:20201021190015j:plain

彼女を失明させてしまい

 

f:id:anttiorb:20201021190022j:plain

仕事を続けることになったジェフリー

 

f:id:anttiorb:20201021190027j:plain

しかし刑事の

 

f:id:anttiorb:20201021190038j:plain

リーに目を付けられるが、ジェニーも抵抗する

 

f:id:anttiorb:20201021190043j:plain

しかし二人の間に絆が生まれる

 

f:id:anttiorb:20201021190045j:plain

そしてジョニーと戦うために結束

 

f:id:anttiorb:20201021190054j:plain