anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

グリーン・デスティニー

2000年作品、アン・リー監督、チョウ・ユンファ ミシェル・ヨー チャン・ツィイー チャン・チェン出演。

運送業を営むユー・シューリン(ミシェル・ヨー)は、荷駄の護衛で北京に向かおうとしていた。 そこへ、ムーダン山で修行をしていたはずのリー・ムーバイ(チョウ・ユンファ)がやって来る。 武林で生きることの空しさを感じ、修行を打ち切ったのだという。
ムーバイは、剣の達人として広くその名を知られた武芸者であったが、愛剣グリーン・デスティニー:碧銘剣をシューリンに託し、北京にいるティエ氏(ラン・シャン)に献上してほしいと頼む。引退を決めた彼の唯一の心残りは、師匠を殺したジェイド・フォックス(チェン・パイパイ)に仇討ちができずにいることであった。
北京でティエ氏に剣を渡したシューリンは、そこでユイ長官(リー・ファーツォン)の娘イェン(チャン・ツィイー)と出会う。 父の決めた相手に嫁ぐ身の上や、剣士になる夢を語るイェン。 シューリンは、そんな彼女に、結婚が女の幸せであることを説く。
その夜、ティエ氏の屋敷に黒装束の賊が忍び込み、グリーン・デスティニーを盗み出した。 警備をしていたボー(Xian Gao)が賊を捕らえようとしたが、賊は見事な武術でボーを翻弄し、軽功の技を使って屋根伝いに逃亡した。
騒ぎに気付いたシューリンは、先回りして賊に追い付き、格闘の末にこれを捕らえようとした。 しかし、何者かが暗器を飛ばして賊を助けたため、取り逃がしてしまう。 シューリンはこのとき、賊の正体はイェンではないかという疑いを持ち始めていた。
ムーバイの仇であるジェイド・フォックスとは女であり、表向きはイェンの家庭教師としてユイ長官の屋敷にいた。 そのジェイド・フォックスに妻を殺された警官のツァイ(ワン・ターモン)と娘が、西域から彼女を追って北京に来ていた。 ツァイの執拗な追跡に業を煮やしたジェイド・フォックスは、ある夜、ツァイ親子を呼び出し、殺そうとする。 ジェイド・フォックスは強く、警官のツァイも歯が立たない。
そこへムーバイが助けに現れる。 ムーバイはシューリンを迎えに北京に来ていたのだ。 ムーバイがあと一歩のところでジェイド・フォックスを討ち果たそうとしたとき、グリーン・デスティニーを持った賊が、ムーバイの邪魔をした。 ジェイド・フォックスはその賊を「弟子」と呼んだ。 そしてツァイを殺し、弟子と共に逃げ去った。
賊の正体はイェンだった。 イェンは、いたずらでグリーン・デスティニーを盗んだことで、殺人事件まで引き起こしてしまったことを悔いていた。 そのためティエ氏の屋敷に再び忍び込み、剣を元の場所に返そうとする。 そこにはムーバイが待ち構えていた。 イェンの剣技に才能を感じていたムーバイは、自分の弟子になるようイェンを説得する。 しかしイェンは、その誘いを断る。
屋敷に戻ったイェンは、警官を殺したジェイド・フォックスを追放しようとする。 争う2人。 だが、イェンの技はすでに師を上回っていた。 実は、ジェイド・フォックスがムーダンから盗んだ秘技書を、イェンはこっそり読み解いていたのだ。 激しい嫉妬にかられるジェイド・フォックス。 だが、「まだ教えることはある」と言い残し、長官の家から去っていった。


これは面白い中国の歴史アクションですね。
監督はアン・リー、「ジェミニマン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2019/11/11/060000 が近作ですね。
主演はチョウ・ユンファ、「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王 」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/02/23/060000 が近作です。
ミシェル・ヨーは、「イップ・マン外伝 マスターZ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15903119 が近作となります。
チャン・ツィイーは、「クローバーフィールドパラドックス」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15393429 に少し出演していました。


物語は、修行を積んだムーバイが下山して、シューリンに会いにきました。 修行を打ち切ったというムーバイ、彼はグリーン・デスティニー、碧銘剣を預け北京にいきティ絵師に献上して欲しいと頼みます。 しかしこの剣をめぐって、戦いに巻き込まれていくシューリン。
ティエ氏の館に滞在することになったシューリンでしたが、そこに黒装束の族が押し入ってきます。 シューリンと互角の戦いをするその人物、彼女の正体を密かに感じたシューリンでしたが、でもそこに確信はありませんでした。


今作は軽功の技が軽快でいいんですよね。 でもそらさえも飛べるこの技は、なんでもありにしてしまいますが(^^) ただ、この時からもうミシェル・ヨーのアクションは美しいんですよね。


f:id:anttiorb:20201012184935j:plain

族と、ムーバイ

 

f:id:anttiorb:20201012184938j:plain

軽行術を会得しているイェン

 

f:id:anttiorb:20201012185620j:plain

イェンの元恋人ロー

 

f:id:anttiorb:20201012184948j:plain

再び出会い

 

f:id:anttiorb:20201012184952j:plain

寄りを戻すのか?

 

f:id:anttiorb:20201012184953j:plain

そしてシューリンとムーバイの別れ

 

f:id:anttiorb:20201012184957j:plain