anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ダニー・ザ・ドッグ

2005年作品、ルイ・レテリエ監督、ジェット・リー モーガン・フリーマン ボブ・ホスキンス ケリー・コンドン出演。

悪徳高利貸しのバート(ボブ・ホスキンス)は、幼いダニーをどこからかさらってきた後、彼を殺人マシンとも呼ぶべき百戦錬磨の闘犬のような野獣人間に育て上げ、首輪を外すことを合図に、金を滞納するギャングや宝石店主などを次々と襲わせていた。
そうしたバートの命令に従いながら動物のように扱われていたダニー(ジェット・リー)は、ある日、とある骨董品倉庫に連れられ、赤いランプの点灯を合図にドアの方へ走ってくるようバートに言いつけられ中で1人待機していたが、そこの骨董ピアノの調律にやってきた盲目のピアニスト、サム(モーガン・フリーマン)に出会い、以前から少し気にかかっていたピアノというものに触れる機会を得た。
後日、ダニーが勝利した闇の格闘デスマッチで大金を手にしたバート達は帰りの運転中、取り立ての件で恨みを買っていた宝石店の一味の襲撃を受ける。 バートや手下が倒れ微動だにしない中、ダニーは腕の怪我だけで何とか生き延び、サムのいた骨董品倉庫へ足を運ぶ。 サムと再会した直後ダニーは気を失い、見知らぬベッドの上で気付くとそこはサムの住むアパートで、サムが音楽学校に通う養女のヴィクトリア(ケリー・コンドン)と暮らしている事を知る。 サムは亡くなった親友の妻とまだ幼かったヴィクトリアを引き取って家族になったが、10年くらい前にその妻は交通事故死し、一緒にいたサムもその時視力を失ったのだった。
バートの飼い犬同然に連れまわされ暴力の世界で育ったダニーは、サムの家で世話になるようになり、ピアノをヴィクトリアから習ったり、彼らとの日常的な家庭の温かみに幸福を感じたりと様々な経験を通して不器用ながらも徐々に人間性を取り戻していく。そんな中、ダニーは幼い頃の記憶が全くない自分のこれまでの現状に疑問を持つようになった。 そしてある日、偶然買い物帰りにバートの手下と出くわしてしまいバートが死んでいないことを知らされ、戻らないと今囲われている家の者を皆殺しするぞと脅されて元のアジトに行った。 そしてバートから再び暴力の仕事を強要され、ダニーはデスマッチの帰りに逃げ出しサムの家に戻った。


ちょっと感動のドラマですね。
監督はルイ・レテリエ、「グランド・イリュージョン」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/10510165 が監督作となっています。
主演はジェット・リー、「エクスペンダブルズ3 ワールドミッション」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/12350049 ではもうアクションはほとんどしてませんでしたね。病気でもうアクションができないと言われていましたが、治療の甲斐あって体調は少しずつ戻ってきていると聞いています。
モーガン・フリーマンは、「カムバック・トゥ・ハリウッド!!」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2021/06/15/060000 が公開中ですね。
そしてバート役はボブ・ホスキンス、「スノーホワイト」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14182483 に出演していました。今作は憎たらしい役でしたね。


物語は首に金属の首輪をつけられ、犬として育てられたドニー。 彼はバートの命令で、敵をやっつける用心棒の役をやらされ、普通は地下の鉄格子に中にいました。彼は幼い頃の記憶がなく、孤児だったときにバートに拾われ、育てた恩を返せといつも言われていました。
そんな彼に、地下格闘技の戦場が与えられ、相手を殺すまで戦うデスマッチを強要されます。 しかし事故に遭いそこから脱出した時に以前知り合った盲目の調律師の家に助けられます。 そこで人間としての感情、行動、言葉を取り戻していくダニーでした。


今作はジェット・リーのアクションと、段々と人間ドラマ的な作品にも進出していくリーの途上期の作品ですね。 2013年に病気が発症して、この頃はまだまだ体が動くんですが、体に気をつけながら、スクリーンで見たい俳優さんです。


f:id:anttiorb:20210620061313j:plain

f:id:anttiorb:20210620061316j:plain

f:id:anttiorb:20210620061321j:plain

f:id:anttiorb:20210620061324j:plain

f:id:anttiorb:20210620061328j:plain

f:id:anttiorb:20210620061331j:plain