anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ビーチ・シャーク

2011年作品、マーク・アトキンス監督、コリン・ネメック ヴァネッサ・リー・エヴィガン ブルック・ホーガン エリック・スコット・ウッズ出演。

ホワイトサンドという常夏の島に1人の男がやってきた。 彼の名はジミー(コリン・ネメック)と言い、彼はこの島の町長(Edgar Allan Poe IV)の息子で、あまりにもバカなことをしまくるため、勘当されていた。
そんなジミーが戻ってきた理由は2つある。 それは島の活性化とギャングへの借金返済だった。
そのために解決策として、ジミーはホワイトサンドの浜辺で、若者をターゲットにしたフェスを開催しようとしていた。 その旨を父親の町長に伝えたところ、ジミーはオーケーを貰う。 目的を果たすため、ジミーは早速準備を始める。
その話を傍らで聞いていたホワイトサンドの保安官ジョン(エリック・スコット・ウッズ)と妹で助手のブレンダ(ヴァネッサ・リー・エヴィガン)は、ジミーの提案したフェスがうまくいくだろうかと心配していた。 このブレンダはバカ息子のジミーの元カノで、いまだに好意を抱いている。 それはジミーも同じだった。
そんな折、浜辺で男性の死体が見つかる。どう見てもサメに食いちぎられた死体だったが、それはありえないこと。 なぜなら男性の死体が見つかったのは浜辺だから。 サメに襲われるはずのない場所であったため、不審さを感じつつも保安官のジョンと助手のブレンダが捜査に乗り出した。
何か異変が起きていることは明らかであったため、保安官のジョンは主催者のジミーに対してフェスを中止するように頼む。 しかしジミーはどうしてもお金儲けがしたかったため、ジョンの警告を無視し、フェスの開催を押し切ろうとするのだった。
 
サメの作品は久しぶりですね。
監督はマーク・アトキンス、「~ヘッドジョーズ」シリーズ?の最新作を監督していますが、まだ見ていません。「ロード・オブ・モンスターズ」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/2020/06/28/180000 が近作の記事となりますが。
主演はコリン・ネメック、「アナコンダ vs. 殺人クロコダイル」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14952318 が近作ですね。
ヴァネッサ・リー・エヴィガンは、初めて見る女優さんでした。
 
物語は、ちょっとかぶれた男が島にやってきます。 男はもともと地元の男でしたが、放蕩息子で、町長の父に勘当されていました。 しかし何とか金を稼いで、借金を返し、見直してもらおうとやってきました。 その方法はフェスの開催、しかし思わぬ邪魔者、恐ろしい生物が立ちはだかります。
 
今作の原題は“サンドシャーク”なんですよね。 まあこの方がぴったりと嵌りますが、わかりづらいというキャッチで、この邦題になってしまったようですね。 ただ、サメ作品では、雪の中を泳いだり、いろいろあるんで、こういうのもありですね。
サメってあらゆる環境で生き残っていける万能生物なんでしょうか?(^^)
 
 

f:id:anttiorb:20200802182854j:plain

ビーチに現れたサメ

 

f:id:anttiorb:20200802182904j:plain

海でないのに

 

f:id:anttiorb:20200802182907j:plain

容赦なしに浜辺に現れる

 

f:id:anttiorb:20200802182912j:plain

そこにジミーが帰ってくる

 

f:id:anttiorb:20200802182917j:plain

遺体検視をする二人だが

 

f:id:anttiorb:20200802182919j:plain

フェスは開催されてしまう

 

f:id:anttiorb:20200802182923j:plain

そしてとうとう!

 

f:id:anttiorb:20200802182927j:plain