anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

レイダース 欧州攻略

2018年作品、ジングル・マ監督、トニー・レオン クリス・ウー ティファニー・タン ジージャー・ヤーニン出演。

リン・ザイフォン(トニー・レオン)は凄腕ハッカーのマーキュリーを救出して保護した後に、CIAに引き渡す。
それから13年…CIAに軟禁されたマーキュリーは “神の手” と呼ばれる万能のシステムを開発した後に死去しており、その “神の手” がCIAに潜入していた謎の女ソフィ(Juan Du)に奪われてしまう!
手掛りは彼女の残したリンの名刺だった! CIAはリンの行方を唯一探し出すことができるワン・チャオイン(ティファニー・タン)と接触。 ワンの協力でリンを捕まえることに成功する。 CIAはリンに“神の手”の奪還を依頼。
やがてソフィが“神の手”を返す代わりに、収監中の弟・ロッキー(クリス・ウー)の釈放を要求してくる・・・
 
なかなかのアクション作品です。
監督はジングル・マ、初めて作品を見る監督ですね。 過去作も見てみたくなります。
主演はもちろんトニー・レオン、「グランド・マスター」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/15649466 が近作ですね。
ティファニー・タンは美しいですね。 初めて見る女優さんですが、出演作を見れる機会があるといいんですが。
クリス・ウーは国際的な活動をしていますね。「トリプルX:再起動」 https://anttiorb.hatenablog.com/entry/14765851 を記事にしています。
 
物語は、まず13年前のお話です。 異星人の親子を助けたリン、しかし助けたマーキュリーをCIAに引き渡すのが役目でした。 でもそれは安全をCIAが補償したからでした。
しかし13年後、彼は亡くなり、そして恐るべきシステムを開発したんですね。 そしてそのシステムをソフィと名乗る女性が奪います。 そしてシステム奪還の為に、再びリンにCIAは白羽の矢を立てるんですが、彼の居所がわかりません。
そのためにワンという女性エージェントを雇います。 美人で手強い彼女は、単独でも出来ると自負していますが、やはりそこにリンが現れます。
 
これはシリーズ物ではないんですが、トニーのシリーズにしてもいいんですね。 リンの周りには、用心棒のような3人がついていて、この3人がなかなかいいんですよね。 それぞれ腕っ節が強く、得意な武器を持っていますが、ただ、実はこのお話、しっかりとしたからくりがあるんですね。 そこが小気味いい作品です。
 

f:id:anttiorb:20200107195545j:plain

子供たちとつかの間の幸せがあった

 

f:id:anttiorb:20200107195554j:plain

リンはふたりから父を連れて行ってしまう

 

f:id:anttiorb:20200107195608j:plain

そして数年後、ソフィがシステムを奪う

 

f:id:anttiorb:20200107195619j:plain

そして彼女に依頼が

 

f:id:anttiorb:20200107195629j:plain

リンが現れる

 

f:id:anttiorb:20200107195637j:plain

そして彼がキーマンとなる

 

f:id:anttiorb:20200107195644j:plain