anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

クロール -凶暴領域-

2019年作品、アレクサンドル・アジャ監督、カヤ・スコデラーリオ バリー・ペッパー モーフィッド・クラーク ロス・アンダーソ出演。

ヘイリー・ケラー(カヤ・スコデラーリオ)はフロリダ大学で開催された水泳大会に参加し、ベスト記録まで後もう一歩の好成績を収めるもスカラシップを逃す。 帰宅しようとしたとき、ヘイリーのもとに姉のベス(モリファイド・クラーク)から、カテゴリー5の巨大ハリケーンフロリダ州に接近していること、そして父親のデイヴ(バリー・ペッパー)と連絡が取れないとの一報が届いた。
ヘイリーもデイヴに電話をかけるが、やはり応答はない。 デイヴの安否が気になったヘイリーは、当局の避難勧告を無視してデイヴの家へと向かった。 離婚以来、デイヴはコンドミニアムで一人暮らしをしていた。 両親が離婚した原因の一つには、デイヴがヘイリーの水泳の上達に熱を入れるあまり、夫婦関係を疎かにしたことがあった。 そのため、ヘイリーはデイヴと頻繁に連絡を取りつつも、自分を責め続けていたのである。
デイヴの家に着いたヘイリーだったが、そこには飼い犬のシュガーしかいなかった。 ヘイリーはデイヴがコーラル湖畔に向かったと考え、シュガーを連れて同地に行くことにした。 その湖畔には、かつて一家が暮らしていた家があったのだ。
道路が冠水する中、ヘイリーとシュガーはやっとの思いでコーラル湖畔に辿り着いたが、そこにはデイヴのトラックしかなかった。 今は売り家となっている家の中を探している最中、ヘイリーはキッチンでデイヴの電話を見つける。 更には床下から音が。 地下室へ向かったヘイリーは父親を呼ぶが、返事はない。 しかしつけっぱなしのラジオや工具などがある。 ぬかるんだ地下室でついに見つけたデイヴは意識を失って倒れており、更に肩には巨大な傷を負っていた。 デイヴをビニールシートに載せて引きずり、直ちに脱出しようとするヘイリー。
しかし、出口は巨大なアリゲーターによって塞がれていた。 床下には無数の配管があり、アリゲーターはその巨体故に自由自在には動けない。 2人はそれを利用してかろうじて安全な場所へと避難することができた。 ところが、ほっとしたのも束の間、ヘイリーは安全圏の外に携帯電話を落としてしまったことに気づく・・・

これは結構怖いんですよ!
監督はアレクサンドル・アジャ、「ルイの9番目の人生」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15346916.html を見ていますが、幻想的な作品が今まで多かった気がする監督です。
主演はカヤ・スコデラーリオ、「メイズ・ランナー」シリーズ https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%A5%E1%A5%A4%A5%BA%A1%A6%A5%E9%A5%F3%A5%CA%A1%BC&sk=0 ではテレサ役をしています。 重要な役どころでしたね。
そして父のデイヴはバリー・ペッパー、彼も「メイズ・ランナー」の2作に出演していましたが、「ローン・レンジャー」  https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9984391.html に出演したいましたね。
 
物語は、超大型ハリケーンの中の、父と娘の脱出劇です。 水泳選手として、負けてしまい、少し自分の人生に疑問を感じ始めているヘイリーの下に、姉のベスから電話が入ります。 それは父と連絡が取れないこと、そして父のいるところがハリケーンが接近していることでした。
父と一番仲がいいのがヘイリー、彼女はやはり心配で父のところに向かいますが、そこには愛犬のシュガーしかいませんでした。 一体どこに行ったのか? 思い当たるところは今は売りに出している昔の家でした。 そこは今まさに超大型ハリケーンが接近している地域でした。 途中検問があり、通行止め、そこには幼馴染が警戒に当たっていましたが、隙を見て突入していきます。
そしてそこには厄介な敵がうじゃうじゃいました。
 
今作は、結構恐怖感を味わえます。 巨大アリゲーターの怖さを久しぶりに堪能できますし、それと同時に、ハリケーンの怖さも一緒に。
正直、台風が何度も日本に襲い掛かってきている今年ですから、公開時期がもうちょっと遅かったら、自粛されていた作品かもしれません。 ダブルで襲い掛かって来るある意味自然の怖さ、苛酷な脱出劇でした。
 

f:id:anttiorb:20191027195701j:plain

怪我をして動けない父

 

f:id:anttiorb:20191027195714j:plain

しかし力を合わせ

 

f:id:anttiorb:20191027195721j:plain

そこには強大な敵が

 

f:id:anttiorb:20191027195732j:plain

脱出できない状況で

 

f:id:anttiorb:20191027195750j:plain

何とか外に

 

f:id:anttiorb:20191027195741j:plain

しかしまだ油断が出来ない

 

f:id:anttiorb:20191027195759j:plain