anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ハングマンズ・ノット

2018年作品、阪元裕吾監督、吉井健吾 安田ユウ 松本卓也 村原孝麿出演。

ニコ生配信中のカップルの家に土足で乗り込んでくるDQNグループ。「自分が負け続けたパチンコ台でカップルの彼氏が勝っていたから」という無茶苦茶な理由で家宅侵入。
暴行!恐喝!悪逆の限りをつくす。 彼らは警察にもマークされている半グレ集団。 タコ焼きから葬式のお坊さんまで、欲しいものは全て恐喝・恫喝・拉致・殺人で手に入れる最低の奴らだった。
一方、電車の中でひとりでブツブツ喋っている根暗そうな男(吉井健吾)。 一見、ただのコミュ症オタク風青年だが、大学内で見かけただけの片思いの女の子のことを、自分と付き合っている彼女だと脳内変換してしまう。
話したこともない女の子の家に侵入し、サプライズで誕生日パーティの準備をしてしまう、最低に気の狂ったストーカー殺人鬼なのだった・・・
 
まあバイオレンスということなのか、壮絶な作品ですね。
監督は阪元裕吾、初めて作品を見る監督です。
主演は吉井健吾、監督の作品には多く出演しているようですね。
 
物語は二つの方向から展開して行きます。 常識に一切通じない半グレ集団、無軌道の暴力、リンチ、本能の赴くままで、非道の限りを尽くす暴力軍団ですが、もちろん警察もマークしています。
一方はヲタクの男、しかし支店はちがいますが、彼も自分の世界がすべての男でした。そしてその二つの世界観がぶつかっていくことになって行きます。
 
今作は、形を変えた、二つの無軌道な暴力なんですが、やっぱりヲタクのほうを応援してしまいますね。でも、根底には同じアナの狢かもしれませんが。
 

f:id:anttiorb:20191017203232j:plain

半グレ集団

 

f:id:anttiorb:20191017203240j:plain

常識は通用しない

 

f:id:anttiorb:20191017203253j:plain

しかし彼らの正反対の

 

f:id:anttiorb:20191017203437j:plain

狂気の男がいた

 

f:id:anttiorb:20191017203431j:plain

それはヲタクの男

 

f:id:anttiorb:20191017203444j:plain