anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

パリ、嘘つきな恋

2018年作品、フランク・デュボスク監督、フランク・デュボスク アレクサンドラ・ラミー キャロライン・アングラード エルザ・ジルベルスタイン出演。

パリの大手シューズ代理店で働くビジネスマンのジョスラン(フランク・デュボスク)は、イケメンでお金持ち、女性にもモテるが、恋愛に求めるのは一時的な楽しさだけという軽薄な男だった。 
ある日、亡くなった母の家を訪ねたジョスランが、部屋に残されていた母の車椅子に座っていたところ、偶然その場を訪ねて来た美女ジュリー(キャロライン・アングラード)と遭遇する。 彼女の気をひくために 「自分は車椅子生活を送っている」 と嘘をついてしまう。
すっかり信じたジュリーは、後日姉のフロランス(アレクサンドラ・ラミー)を彼に紹介する。 彼女は、以前事故に遭い車椅子生活を送りながらも、ヴァイオリニストとして世界中を飛び回る快活でユーモア溢れる女性であった。
親友のマックス(ジェラール・ダルモン)には興味無いと言いながら、ジョスランはフロランスが出場する車椅子テニスの試合を観戦したり、彼女が演奏するコンサートを観るためにわざわざプラハを訪れるのだった。 会うたびに新しい一面を見せてくれるフロランスに、本気で恋に落ちていくジョスラン。
やがて、ふたりはデートを重ね距離を縮めていくが、ジョスランはまだ本当のことを言えずに車椅子に乗ったままだった。
そんなある日、ついにジュリーに車椅子の嘘がばれてしまう。 マックスや秘書のマリー(エルザ・ジルベルスタイン)を巻き込み、奇想天外な計画を立てて嘘を切り抜けようとするジョスランだったが・・・

これはなかなか良い作品でした。 フランス映画はこういう題材を生かすのが上手いですね。
監督はフランク・デュボスク、主演も兼ねています。 出演作、監督作品を見るのも初めてです。
ジュリー役はアレクサンドラ・ラミー、「グレート デイズ! -夢に挑んだ父と子-」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12178664.html では母親役をしていました。
そしてキャロライン・アングラード、彼女は初めて見ますね。 セックスアピールの高い女優さんです。
良い味を出しているのがエルザ・ジルベルスタイン、彼女も初めて見ます。

物語は、今まで真剣に女性を愛したことの無かったジョスランのお話です。 ナンパしてSEXしたらそれでおしまいのような軽い男、手当たりしだい、目に付いた女性を食っていく。 
そんな彼が母の葬儀に適当な服装でやってきましたが、母の住んでいた部屋に行き、車椅子に座っていたときに、訪ねてきたのがジェリーでした。 彼は今失業中の介護士、さっそく仕事をねだりますが、胸が開いて、ホットパンツの彼女にすぐさま足が不自由なフリをして、OKを出すジョスラン。 でもジュリーはさっそく姉に合わせます。
姉のフロランスは車椅子、しかし魅力的で、ざっくばらんな女性でした。 車椅子テニスをしていて、実は本職はヴァイオリニスト、どんどん彼女に惹かれていくジョスラン、いつものペースではなくなっていきます。

これは車椅子生活の立場が良くわかるお話ですね。 健常者が、人を騙す為に車椅子を使うこと自体、日本では作りづらい作品ですが、ユーモアにあふれて、それを吹き飛ばすフロランスのキャラがなんとも心地良いですね。
ジョスランの周りのマックスとマギーも良いキャラで、これはお勧めの作品です。

イメージ 1
女に目がなく、良いかがげんなジョスラン

イメージ 2
ジェリーと出会い

イメージ 3
フロランスを紹介される

イメージ 4
テニスをする彼女は

イメージ 5
ヴァイオリニストだった

イメージ 6
そして二人は近づいていき

イメージ 7
隠しながら結ばれるが

イメージ 8