anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アウト&アウト

2018年作品、きうちかずひろ監督、遠藤憲一 岩井拳士朗 白鳥玉季 小宮有紗出演。

日本最大の暴力団・菱口組最高幹部の側近だった矢能政男(遠藤憲一)。 現在は、訳アリで預かることになった小学2年生の少女・栞(白鳥玉季)と二人で探偵事務所を営んでいる。
ある日、矢能のもとに取引の現場に立ち会って欲しいという依頼が入る。 だが、指定された場所に到着すると、依頼人は拳銃で撃たれ死亡していた。 虚をつかれた矢能は、マスクを被った男(岩井拳士朗)から銃口を突きつけられる。 男はその拳銃を矢能に握らせ指紋を付けると、矢能と死体を置き去りにして去って行った。
矢能が依頼人の死体を調べるとパスポートがあり、名前は安田義行と判明。 しかし、矢能が安田の姉に電話をかけると、安田は3年前にカンボジアで死んだという。矢能は馴染みの情報屋(竹中直人)に、安田の情報収集を頼むが、矢能がヤバい案件に首を突っ込むと栞に危険が及ぶかもしれないと情報屋は心配する。
そんななか、浮上したのは、与党議員の鶴丸清彦(要潤)と堂島哲士(成瀬正孝)だった。 堂島は、二世議員鶴丸の父親の代から裏のトラブルを一手に引き受けていた人物で、空手道場を営む武道家だ。
早速、堂島の道場に足を運んだ矢能は、そこで自分に銃を突きつけた男・池上数馬を見つける。 彼は矢能の姿に動揺し逆上するが、矢能はすでに数馬を相手にしていなかった。 安田殺しの構図はすでに見えている。 安田は鶴丸をゆすり、鶴丸に泣きつかれた堂島が数馬に手を汚させたのだ。
恥をかかされた数馬は矢能をつけ狙い、そして栞を誘拐する。 矢能は栞を救うため、数馬のもとに車を飛ばすのだった…

これはなかなか良かったですね。
監督はきうちかずひろ、監督作品はありますが記事にした作品はなかったです。
主演は遠藤憲一、主演作は珍しいですが、「ミックス。」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15201857.html が近作ですね。 主演作としてはダブル主演で、「gift」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13864306.html がありました。

物語は、あっちの世界では一目置かれた存在だった矢能政男が探偵家業を始め、女の子を養っているお話です。 と言ってもまじめに仕事をしているとは思えません。 気に食わないと思ったら仕事を受けることはありません。 はじめに来た男はあっさり追い返されていました。
しかしそんな時に強引な依頼が来ました。 言われた場所に来てみると、依頼者の男の死体が。そして、その男を殺した男もいたんですが、なぜか矢能は殺されずに済みました。 しかし巧妙に指紋を取られ、警察に行こうにも行けなくするしたたかさがありました。
依頼人は死んだけど、この事件を調べ始める矢能のところに、その男の恋人という女が着て、正式に依頼を受けることになります。 しかし男の名前は安田義行といい、実は海外で死んだことになっている男だったのです。

今作は、遠藤憲一の良さが全面に発揮されている作品。 そして栞役の子役の白鳥玉季が実に可愛く子役らしいんですね。 さらに政治家、そして武道家、いろんな側面からなかなか面白いつくりになっていますね。
これはエンケンさんの当たり役になると思いますし、続編を作って欲しいですね。

イメージ 1
栞と二人で探偵家業を始めた矢能

イメージ 2
そこに1本の電話が

イメージ 3
しかし依頼人のところに行くとそこには死体と覆面の男が

イメージ 4
死体の男は海外で事故に遭い死んだ事になっていた

イメージ 5
そしてこの政治家が絡んでいた

イメージ 6
情報屋は栞に危害が及ぶ事を心配する

イメージ 7