anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

黒執事 その2


第四話 : 「その執事、酔狂」
ホワイトチャペルで娼婦の猟奇殺人事件があった。
その残忍な殺害方法から、スコットランドヤードは犯人を 「ジャック・ザ・リッパー」 と呼んだ。
女王の憂いを払うため、犯人の特定を急ぐシエル(坂本真綾)。
やがて、捜査線上に黒魔術に傾倒している一人の貴族が浮かんだ。
変装したシエルとセバスチャン(小野大輔)は、その子爵が開くパーティに潜入するが・・・。

第五話 : 「その執事、邂逅」
子爵が犯人でないことが判り、あらためて犯人像の割り出しにとりかかるシエル。
被害者の身体的な共通点から、次の被害者を予想し、犯人を袋小路で待ち伏せるシエルとセバスチャン。
しかし、そのすぐ側で、新たな犠牲者の悲鳴が響き渡った。

第六話 : 「その執事、葬送」
マダム・レッド(朴ロ美)の亡骸にマントをかけるシエル。
その背後では、月光に照らされるなか、グレル(福山潤)とセバスチャンの死闘が続いていた。
ほぼ互角の両者の攻防だったが、グレルの放った一撃が、深々とセバスチャンの胸元を切り裂いていった…。

さてこの3作はジャック・ザ・リッパーのお話ですね。 日本名では “切り裂きジャック” と呼ばれ、実在して姿を消した恐ろしい連続殺人犯が登場、その犯人に対して、シエルの推理が働くという事件でした。
しかし第4話で目をつけた人間は違っていたんですね。 そして第5話で、ようやくその犯人が、そしてその背後にいる人物が明かされます。
そして戦いは続き、6話になって行きます。
この作品の舞台は19世紀ということで、この事件を取り入れたお話ですね。 実際の切り裂きジャック事件は未解決事件であり、これを題材にした作品は数多ありますね。
黒執事ならではの解釈といっていいんでしょう。

イメージ 1
事件を調べに行くシエルとセバスチャン

イメージ 2
女装をして

イメージ 3
しかし真犯人は

イメージ 4
そして彼女も

イメージ 5
一瞬の隙を衝きセバスチャンが勝つが

イメージ 6
彼女は死んでしまう

イメージ 7