anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ラブ×ドック

2018年作品、鈴木おさむ監督、吉田羊 野村周平 大久保佳代子 成田凌出演。

ある日、人気パティシエの剛田飛鳥(吉田羊)が、とあるところに存在する恋愛クリニック “ラブドック” を訪れる。 飛鳥は人生で成功を収めながらも、節目節目で恋愛に走り、仕事や親友を失くしてきた。 そんな彼女に、魅惑の女医・冬木玲子(広末涼子)と助手の桜木美木(成田凌)は遺伝子から抽出したという特別な薬を処方する。
しかしこのクリニックを彼女が尋ねたのは、まだ彼女が36歳だった頃にさかのぼる。
飛鳥は、同棲している彼に結婚を申し込まれていた。 返事を躊躇しながら、1年後やっと返事をするが、その時はもう男のほうは心変わりをしていた。
そのことを、親友の細谷千種(大久保佳代子)に報告をする。 彼女は、未婚だが、妊娠中で、前の男 と別れシングルマザーになると言う。 人気ブロガーなので、経済力はあるようだった。 彼女はジムに通っていて、そこのインストラクターの野村俊介(玉木宏)に憧れている。
飛鳥はスイーツ店 「trad」 で働いており、彼女はその仲でも人気のパティシエだった。 彼女は新しく店を出すということで、そこの責任者になんとしてもなろうと野心を持っていた。 
ある日、残ってケーキの製作をしていると、オーナー淡井淳治(吉田鋼太郎)に告白をされてしまう。 もちろん不倫になってしまうが、妻がホスト通いをしていると言う彼の言い方にほだされてしまうのだった。 そして新店を任されると言われ、付き合いが始まるが、どう見ても彼は不倫をしていると言う後ろめたさが付きまとっていた。
千種に止めろと言われるが、いすれ離婚をするだろうと安易に構えていたが、彼の妻が現れ、そして不倫がばれた淡井から別れを切り出され、店もやめさせられてしまうのだった。 そしてなんと休職中に千草が憧れていた野村とデキてしまうのだった。
千草に後ろめたくなってしまう飛鳥は、思い切って千種にそのことを言うが、千種はショックを受け、自分と野村のどちらをとるかといわれ、飛鳥は野村を取ってしまう。しかし野村はそれは困るといい、冷たい態度を取るのだった。
立て続けに破局を経験した飛鳥はそれで特別な治療を受け、注射をするのだった。
彼女は一大決心をして、巣鴨に彼女自身の店を開くのだった。 そこに現れたのが15歳年下の花田聖矢(野村周平)だった。
彼は積極的に飛鳥にせまってくる、もちろんそれは誠実で、嬉しいことだったのだが・・・

この作品、評価は低いんですが良い作品です。 楽しく、音楽もよく笑えますがしっかりしたドラマ、ラブコメ路線がしっかりしています。
監督は鈴木おさむ、そう森三中大島美幸の夫で、放送作家、まあマルチ活動ができているやり手ですね。 そしてこの作品が初監督となります。
主演は吉田羊、近作は 「ボクの妻と結婚してください。」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14548572.html です。 ベタですがいい作品でした。
そして野村周平、「ちはやふる -結び-」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15433822.html が近作ですが、今回はぐっと大人、といっても年齢相応の役でした。
しかし、今作で一番おいしいのは大久保佳代子でしょうね。 監督が鈴木おさむだからでしょうけど、彼女がこんな役をするのは最初で最後(^^)かもしれませんね。 映画出演では 「上島ジェーン ビヨンド」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13506758.html 「クロサワ映画」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%A5%AF%A5%ED%A5%B5%A5%EF&sk=0 2作品に出演しています。

お話としてはラブコメで、いくつかの恋愛、失恋、破局を経験していくアラフォーの鋼田飛鳥のお話です。 題名の 「LOVE×ドック」 とは、恋愛のクリニックの名前なんですね。 謎の女性冬木玲子は、遺伝子からその人間の恋愛が適しているかどうかがわかると言うんですね。 だから、ある薬を体に入れると、向かない恋は拒否をするということができると言われます。
代金は25万円、飛鳥は初めは躊躇しますが、とうとう2度、厳密には3度の破局を経験してとうとう注射をされてしまいます。 まあ彼女が望んだことですが。 そしてその後に現れたのが、15歳と年下の聖矢でした。
この作品、基本笑いがベースなんですね。 そして場面場面でミュージックディレクションを担当している加藤ミリヤの曲がかかります。これがなかなかタイムリーでいいんですが、もちろん彼女以外の笑えるサービス曲もあります。
映像で見せる面白さとテンポ、そして何よりも吉田羊の、体を張った演技が好感をもてます。 殺伐とする中、ドラマ性があった作品の後に見るのにはぴったりの楽しい作品、これもいい作品です。

イメージ 1
有能なパティシエの飛鳥

イメージ 2
親友の千種、結婚の失敗を報告

イメージ 3
そして不倫が第1の恋

イメージ 4
そして略奪愛が第2の恋

イメージ 5
どちらも破れクリニックへ

イメージ 6
そして第3の恋へ

イメージ 7