anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

悪人は生きている

2014年作品、キム・ヒグン監督、パク・ピョンウン キム・ホンパ キム・ポプレ ハン・スヨン チョン・ヨクサン出演。

韓国・ソウル。 ソウル郊外の清渓(チョンゲ)山に、仰向けに倒れた女性ナ・ユミ(ハン・スヨン)の遺体があった。 心なしか微笑んでいる顔の死体、殺し屋・ソン(キム・ポプレ)はハンカチで口を塞ぎ、ナ・ユミが死んでいるのを確認してから、ナ・ユミの持ち物を奪って立ち去るのだった。 現場は崖の横の、林のすぐわきだった。
『ハンスンベンチャーキャピタル』 は政財界に影響のある大企業だった。 しかし、金融委員会の幹部がハンスンベンチャーキャピタルのぺク・ドンイル会長(キム・ホンパ)から、巨額の賄賂を受け取ったとして在宅起訴されていた。
そんな騒動の最中、ペク会長の右腕だった女性ナ・ユミの変死体が発見された。 担当した刑事は、殺された痕跡はな いが、遺書もないので自殺と断定できないと思う。
ナ・ユミの夫・ハン・ビョンド(パク・ピョンウン)はバイオリンを作ったり、楽器の修理をしたりする修理工で、ナ・ユミとの間にはまだ幼い娘・ヨヌがおり、妻の遺体確認をさせられる。
一方、ペク・ドンイル会長は裏で手を回し、ナ・ユミの死に追及の手が回らぬよう手配していた。 幹部役員にハッパをかけた後、次の右腕候補の若者・ギテ(チョン・ヨクサン)とともに写真を撮ろうとする。 公の場所へ配布する写真だった。
白い髪を染めてから撮影に臨もうとするが、カメラマンは無理に若づくりをする必要はないと言う。 ペク会長はなぜか激しく怒るのだった。
殺し屋・ソンを 「最近雇った運転手だ」 と、ペク会長はギテに紹介する。 そして裏ではナ・ユミから回収した通帳とトークンを受け取る。
金を手に入れたペク会長は、先の賄賂事件のほとぼりが冷めるまで、身を隠すことにした。 驪州(ヨジュ)に別荘を所持しているが、ひそかにどこかの島へ渡ろうと、宮坪(クンピョン)港の船主に話をつけておいてくれと、ソンに依頼するのだった。
夜。
宮坪港の船主に、菊花(クックァ)島まで船を出せるかとソンは聞くが、船主は出せると答え、金を釣り上げてくる。 そして誰を運ぶのかと聞いてきたとき、ソンは遠まわしに知ってしまうと命が無いという事をほのめかす。 その足で、ペク会長から頼まれた金を別荘に取りに行くが、別荘の管理人女性・パクは、ペク会長の金を持って男と逃げようとしていた。
ソンはパクたちの車にわざと追突し、まだ息のあるパクの首にワイパーを刺して殺してしまう。 そして金を回収し、会長の脱出計画の仕上げに入るのだが。
一方ハン・ビョンドは仕事も手につかず、店は休業状態、妻の葬儀の時に刑事にいろんなことを聞かれているときに、あることを思い出していた。 それは妻との結婚前に、唐突にぺ ク会長が訪ねてきたことだった。 その時の高圧的な態度に、ただ名誉ある人間以上な物を感じたのだった。
そして彼は独自にぺク会長を探し始めるのだった…

情感高ぶる韓国作品が多い中、これはちょっと趣が違う雰囲気でした。
監督はキム・ヒグン、監督くらいは今作くらいでしょうか。
主演はパク・ビョンウン、彼もこの作品で初めて見た感じです。
そしてぺク会長役でキム・ホンパ、見た覚えはあるんですが(^^)
妻役でハン・スヨン、彼女は1作出演作があるようです。
殺し屋ソン役でキム・ポプレ、良い感じの雰囲気を持った殺し屋役でした。

物語は大企業の会長のある意味逃走劇ですね。 いろんな癒着、裏金を駆使して政財界を泳いでいたぺク会長は巨額賄賂の疑いを受け、窮地に陥っていました。 そして、会長の有力な部下だった女性・ナ・ユミの謎の死、世間は口封じで殺したのでは? と疑いの目を向け、警察も捜査に乗り出します。
夫は楽器の修理や、ちょっと釣り合わない夫婦ですが、二人の間には可愛い娘がいるんですね。 悲しみに暮れるハン・ビョンドですが、彼はぺク会長を追いはじめます。 そこに暗躍する殺し屋ソン、しかしなかなかビョンドは強いんですね。
さてこの作品、冒頭の死体のところからちょっとおかしいんですね。 笑っているように見える死体、そこにたたずむソンは殺し屋なんですが、どうも彼が殺したのではなさそうなんですね。 ここがこの作品のキーポイントになります。
普通に見ていると、夫が妻の死に対する復讐劇で後半までそうなっていくんですが、最後にえっ!というどんでん返しが存在します。
ただ、韓国作品としてはどんより、ちょっと動きが少ないのが難点でしょうか?

イメージ 1
彼女の死体に近づくソン

イメージ 2
ぺク会長は窮地にいた

イメージ 3
過去に3人出会ったことを思い出すビョンド

イメージ 4
そして会長を探し始める

イメージ 5
ソンは娘を狙う

イメージ 6