anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

1963年作品、アルフレッド・ヒッチコック監督、ロッド・テイラー ジェシカ・タンディ ティッピー・ヘドレン スザンヌ・プレシェット出演。

サンフランシスコの小鳥屋で九官鳥の受け取りを待っていたメラニー(ティッピー・ヘドレン)、そこで、妹の誕生日にラブバードを探しに来たミッチ(ロッド・テイラー)と出会う。 しかし店にはあいにくラブバードは切れていて、しばらく時間がかかると言われてしまうのだった。
感じの良い成年だったミッチのために、ラブバードをつがいで手に入れ、カリフォルニアにある彼の自宅にこっそり向かうメラニー、こっそりと籠を置き、ボートで様子を見ていると、それに気づき驚くミッチ。 彼女は逃げ出すが、ミッチは車で追いかけてくる。
その時だった、 突然、舞い降りてきた1羽のかもめが、メラニー・ダニエルズの額をつつき飛び去った。 これが事件の発端になることをまだ二人は知らなかった。 額に怪我をしたメラニーは、しばらくミッチの家で休むことになり、夕食を取ることになっていく。 そこで母のリディア(ジェシカ・ダンディ)、妹のキャシー(ヴェロニカ・カートライト)を紹介され、さらに地元の小学校の教師のアニー(スザンヌ・プレシェット)とも知り合うが、彼女はミッチの元の恋人だった。
しかし、そこから不吉な影がボデガ湾沿いの寒村を覆った。 若い弁護士であるブレナーは異様な鳥の大群を見て、ただならぬ予感に襲われた。 そして、ほどなくブレナーの予感は現実となった。
鳥の大群が人間を襲い始めたのだ。 アニーの勤める小学校の庭では、無数のかもめが生徒を襲撃した。 メラニーが恋人ブレナー家へ夕食によばれた夜、暖炉の煙突から、突然、すずめに似たフィンチが何百羽となく舞い込んできたが、ブレナーがやっとのことで追い払った。
鳥が人間を襲いはじめたのだった…

私の家にいるラブバード(コザクラインコ)、いつ襲われてしまうんでしょうか(^^)
有名なホラー作品、監督はもちろんアルフレッド・ヒッチコック、これは何回目でしょうか? 定期的に見る作品のひとつです。
主演はティッピー・ヘドレン、なんと 「新・鳥」 という作品があり、彼が出演しているということです。
ミッチ役にロッド・テイラー、「イングロリアス・バスターズ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6909841.html でチャーチル役をしていました。
リディアにジェシカ・ダンディ、「ドライビング Miss デイジー」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14599361.html に出演していました。いい作品でした。

物語はある日突然凶暴になり人間を襲うようになった鳥たちと人間のお話です。 予兆はボートの上でメラニーが一羽のカモメに突っつかれた時でしたね。 額から少し血を流したメラニー、この時点では何か気に入らないことをしたのかな? レベルでしたが、そこから窓ガラスに物凄い勢いでぶつかり死んでしまう鳥たちの異様な現象が起き、ここで決定的となっていきます。 明らかになかにいる人間を狙っている。そしてどんどん鳥たちの凶行はエスカレートしていくんですね。
うちにはラブバードと呼ばれる、コザクラインコがいて、もうもう15年弱となります。 はじめの1羽はすぐに死んじゃいましたが、その後に飼った3羽のうち2羽はまだ元気です。 ラブバードと言われるくらいですから、ツガイにしなければ肩に乗り、頭に乗り、まとわりついてきます。 カミキリが好きで、壁紙をはがすのが得意・・・うちの壁紙はボロボロですが、張り替えてもまたやられるのでそのままにしてあります。 だからお客なんて呼べません。
今作はあらゆる鳥が人間に向かって恐ろしい感じで攻撃をしてきますが、はじめから籠に中にいるラブバードだけは最後まで普通なんですよね。 最後脱出する時も、籠はしっかりと車に乗せてそろそろと脱出をしますが、その異様な光景は夢に出てきますね。
動物パニック作品ですが、身近な鳥でここまで恐くできるか、さすがヒッチコックですね。

イメージ 1
鳥が学校の子供を

イメージ 2
襲い掛かってくる

イメージ 3
逃げ惑う人間

イメージ 4
立て篭もるしかない

イメージ 5
そして侵入してくる鳥との戦い

イメージ 6