anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ACACIA-アカシア-

2010年作品、辻仁成監督、アントニオ猪木 石田えり 林凌雅 北村一輝出演。

山と海に挟まれた港町の片隅。 年寄りばかりが暮らす、時代から取り残されたような団地に、“大魔神” と呼ばれる元プロレスラー(アントニオ猪木)が用心棒的な役割を果たしながら暮らしていた。
ここにはたまにケースワーカーがボランティアにやってくる。 木戸春男(北村一輝)は腹話術が上手く、年老いた男性(川津祐介)などは彼の訪問を喜んでいた。
ある夏の日、大魔神はいじめられていた少年、タクロウ(林凌雅)と出会う。 タクロウは大魔神からプロレスを教わると、数日後、再び母親(坂井真紀)に連れられてやってくる。 だが、自分の恋愛に生きる母親はタクロウを大魔神に押し付け、父親の居場所を記したメモを渡すと、去っていってしまう。
父親が亡くなったと聞かされて育った孤独なタクロウの遊び相手はTVゲームだけ。他人に心を開かない少年だったが、父親のような優しさを見せる大魔神にだけは、素直な態度を示す。 やがて、団地の暮らしにも慣れてきた頃、タクロウは大魔神の荷物の中に子供用のお面と古い家族写真を発見。大魔神にも妻子があったことを知る。
一方、タクロウの身を案じた大魔神は、メモを頼りに彼の父親に会いに行く。 だが、その相手は団地の老人たちを担当するケースワーカー木戸春男だった。 新しい家族と暮らす春男は、タクロウの成長を知らなかったが、息子への想いは胸に抱えており、それを腹話術の人形に向かって吐露する。
同じ頃、大魔神を前妻の芳子(石田えり)が訪ねてくる。 不在の大魔神に代わって応対したタクロウに、芳子は亡くなった息子エイジのことを語り始める。 それは、2人の間に大きな溝を作った出来事だった。
大魔神とタクロウは、お互いの抱える悲しみを理解しあいながら、親子のように寄り添い、プロレスを通じて絆を深めていく。 過去の痛みを乗り越え、現実に向き合う勇気を2人は手に入れようとしていた。
そして、大魔神はタクロウと春男を、タクロウは大魔神と芳子を引き合わせようとする…

プロレスファンの私には、この作品を見るのはちょっと躊躇していましたね、正直なところ。
監督は辻仁成、監督作品を見るのは初めてです。
主演はアントニオ猪木、格闘系の作品に出演歴がありますが、こういうドラマ作品は初出演です。
そしてタクロウ役で林凌雅、「奇跡」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12478149.html 「大人ドロップ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14990385.html にそれぞれ子役で出演していました。
元妻役で石田えり、「バンクーバーの朝日」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12521856.html が最近の映画出演作ですね。
ケースワーカーであり、タクロウの父で北村一騎、「去年の冬、きみと別れ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/15429016.html で重要な役をしていました。

物語は、平屋の団地に住む大魔神と呼ばれる大男と少年の心の交流のお話。 老人ばかりが住むこの団地、何か世界から取り残されたような集合体なんです。 そしてつつましやかな生活をしていますが、借金取りがやってきます。 そこに必要なのが用心棒なんですね。
請われてやっているのか、それとも自然にそうなってしまったのか、大魔神と呼ばれる元プロレスラーがそういう用心棒、守り神のような役割をしています。 彼も白髪が混じった初老の男ですが、体力はまだまだあるようです。
タクロウは、そんな大魔神に懐くんですね。 というか、男に走る母親との生活が嫌になっている感じです。 母親は、そんな事を敏感に感じ取り、厄介者の息子を押し付け男のところに走ります。
そしてタクロウに、大魔神はプロレスを教え始めるんですね。 やっぱり片親という事でいじめられ、絶えずシャツを破かれるタクロウ、護身術のつもりで、身を守る手段としてプロレスを教え始め、だんだんタクロウはそれを身に着けて行きます。
そしてタクロウは大魔神の家の大きな入れ物を開けると、覆面が入っています。 そして親子3人の写真もありました。
今作はアントニオ猪木が映画初主演という事で、少し話題になりましたし、そもそも猪木に演技ができるのか? という言い方もされました。 また監督も辻仁成という事で、作家、ミュージシャンという側面が強く映画はどうか? という事も言われました。
題材にもよりますが、強烈な個性を放つ猪木を、極力無理な演技をさせないソフトな作り方。 内容もエグクないので、親子、夫婦の絆の再生なんで、やさしい着地をさせた作品だと思います。

イメージ 1
この団地で用心棒をしている大魔神

イメージ 2
そしてタクロウがやってくる

イメージ 3
タクロウにプロレスを教える大魔神

イメージ 4
そして二人の絆が深まるが

イメージ 5
彼の父親に会いに行く大魔神

イメージ 6
そして大魔神にも忘れられない傷があった

イメージ 7