anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

トリプルヘッド・ジョーズ

2015年作品、クリストファー・レイ監督、カルーシェ・トラン、ダニー・トレホ、ジェイソン・シモンズ、ロブ・ヴァン・ダム出演。

若い男性のヴィンセント(プレストン・シモンズ)とマーク(ステファン・ハーウィック)、若い女性のホリー(ジャージー・ベルリン)が海辺で遊んでいた。 ヴィンセントは 「あのブイまで泳げたら、君も裸で泳げよ」 とホリーに言う。
全裸でブイまで泳いだヴィンセントに対し、ホリーも上半身を脱いで裸になった。 しかし海に何かの影が忍び寄ってきた。 ホリーとマークは、3つの頭を持つサメに食べられてしまった。 サメはさらに浜辺にいた男女を襲い始めた。 ヴィンセントはブイで呆然として泣いているしかなかった。
水深800Mに作られた孤島の研究施設 「ペルセフォネ」、そこは最新鋭技術を備えた廃棄物処理施設だった。
そこにインターンとして施設に入所した海洋生物学者のマギー・ピーターソン(カルーシェ・トラン)。 彼女は、研究所の全権限を握っているトーマス教授(ジェナ・シムズ)や、ネルソン教授(ジェイソン・シモンズ)から、民間の自然を保護する団体とし研究サポートで参加していた元彼のグレッグ(ブラッド・ミルズ)グループらと共にその施設にいた。
ゴミによる汚染が酷く、奇形の生物が多いと説明を受け見学をしていたマギー。 その際、突然施設は巨大な振動に襲われる。 不穏に思ったクルーが海底カメラを見ると、頭が3つある巨大なサメが施設に体当たりをしていた。
緊急避難命令が出されるもサメが壁を破壊し、施設は浸水してしまう。 沿岸警備隊に救助を求めるが、海流の流れによって集まった廃棄ベルトの放射能が原因で無線が通じず、その間にどんどん被害者が出てしまうのだった・・・

さて、今度はさらにパワーアップバージョンで登場のサメですね(^^)
監督は同じくクリストファー・レイ、もうこの手はお任せの監督ですね。
主演はカルーシェ・トラン、初めて見る女優さんですね。 今作にはB級でも、義理堅くダニー・トレホが出演しています。
さて物語は、ちょっと現実的なことに近づいた設定です。昔は公害問題、汚染物質で異常な状態で生まれてくる生物が多かった。 今作はやはりそういう設定があるようです。
とうとう頭が3つのサメが出現、さらに獰猛さがアップした感じですね。 しかし頭が多くなればなるほど、獲物の奪い合いになってしまうのでは? 漫画ではそういう設定の仲間割れ?があったような気がしますが。
しかしひとつ失ってもしにはしない頑丈さも持ち合わせているのが厄介ですね。
さて結末は?


イメージ 1
あらゆるごみが集まってくる場所に

イメージ 2
信じられない生物が

イメージ 3
狭い空間に無理矢理

イメージ 4
しかし3人いると

イメージ 5
そしてなんと!

イメージ 6