anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

お嬢さん

2016年作品、パク・チャヌク監督、キム・ミニ、キム・テリ、ハ・ジョンウ出演。

1939年、軍靴が響く日本統治下の朝鮮半島。 一人の貧しい少女(キム・テリ)が日本人の資産家、上月家に小間使いとして雇われることになった
広大な敷地の屋敷に到着すると佐々木夫人(キム・ヘスク)という名の女が少女を迎え入れる。 イギリスの建築と日本の建築が融合した豪邸には莫大な財産の相続権を持つ令嬢・秀子(キム・ミニ)が住んでいて、少女は彼女のお世話係として奉公するのだった。
少女はスッキという名だったが、珠子という日本名を与えられた。
実は、彼女は詐欺集団に育てられた孤児だった。 偽の判子作りとスリの技術を教わり、乳児の世話をしては日本人に売り飛ばす、そんな日々を過ごしていた。
そこに藤原伯爵(ハ・ジョンウ)を名乗る詐欺師がやってきて、ある計画を持ちかけてきた。 政府に取り入って金持ちになり日本の華族の娘を嫁にして上月(チョ・ジヌン)という和名を名乗っている男がいる。 嫁は死んだがその遺産の継承権は姪の秀子にあり、上月は秀子と結婚して遺産を自分のものにしようとしている。
その前に藤原伯爵が屋敷に入り込み、秀子を誘惑して日本へ駆け落ちし結婚する。その後、秀子を精神病院に入れ、遺産を持ち逃げする。 そのためには秀子の世話を焼く小間使いを送り込み、藤原伯爵に秀子がなびくように手助けをしてもらう必要がある。
そしてその役目に選ばれたのがスッキだった。 スッキは貪欲に報酬を要求し、金が手にはいったら朝鮮半島からおさらばし、自由に生きるのだと考える。
しかしスッキは出会った秀子が美しいのに驚くのだった。 さらに秀子は死んだ叔母(ムン・ソリ)の亡霊が怖いと言って、最初からスッキにすがるのだった。 スッキは秀子を手名づけることは簡単だと思いはじめるが、その反面美しい秀子の事も気になるのだった。
そして藤原伯爵が現れ、計画が始まっていく…

主演はダブルでまずはキム・ミニ、「火車」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14259091.html 「泣く男」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14457695.html に出演。もう一人はキム・テリ、彼女は初めて見ますが童顔ですね。
そして詐欺師の男役でハ・ジョンウ、「ベルリンファイル」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/9830117.html 「悪いやつら」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13777134.html 「テロ、ライブ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12234274.html に主演ですね。
物語は3部に分かれていて記事は1部の冒頭部ですね。 藤原伯爵と珠子の計画が着々と進んでいく過程が描かれています。 そして1部の終りにはどんでん返しがあるんですね。
そして2部は視点が変わり秀子側からの話になって行きます。 そしてとうとう結末編の第3部、物語の全貌が明かされます。 こういう作品を見ると、女性とはいかに怖いものかがわかりますね(^^)
そして今作は日本統治下の朝鮮半島で、半分くらい日本語のシーンが多いですね。しかし日本人キャストは数えるほど、韓国の役者さんたちが日本語で話しています。しかしこれも日本名こそ名のっていますが、元は朝鮮人という設定の人間が多いんですね。 ただ面白いのは藤原伯爵を語る詐欺師、ハ・ジョンウが巧みに日本語の抑揚をつけるところですね。 これには笑いが起きます。
そして大きな点は、どぎついほどのエロ表現ですね。 二人の女優の濃厚なレズシーンもどんどん激しくなっていきますが、エロ小説の朗読でのそのままの表現がとにかく滑稽なほどでした(^^)
大変優れたミステリー、どんでん返し作品ですが、これは逆に大きな公開規模にできないだろうなあという作品、R18指定になっていますからね。 でもある意味この思い切り良いエロ表現も韓国作品?、今の日本ではこういう感じの表現はなかなかできにくくなってきていますからね。
日本もかつての勢いがエロ表現では薄れていますよね。

イメージ 1
スッキはこのお屋敷に来た

イメージ 2
藤原伯爵との計画が始まる

イメージ 3
どんどん秀子に取り入っていく

イメージ 4
そして計画まであと一歩に

イメージ 5
しかし・・・

イメージ 6