anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

悪魔の棲む家(2005年)

2005年作品、アンドリュー・ダグラス監督、ライアン・レイノルズ主演。

1974年11月13日午前3時15分、ニューヨーク州ロングアイランドにあるダッチコロニアル様式の大邸宅の地下室で目覚めたデフェオ家の長男・ロバルド(ブレンダン・ドナルドソン)が、就寝中の両親と4人の兄弟たちをライフルで順番に殺害する凄惨な事件が起こる。 逮捕されたロナルドは、家の中の “声たち” が殺人を犯すよう自分を駆り立てたと主張する。
その事件の1年後、ジョージ・ラッツ(ライアン・レイノルズ)と妻キャシー(メリッサ・ジョージ)は、新しい生活の場を探していた。 キャシーは3人のシングルマザーで、ジョージは彼女と再婚、3人の新しい父親になるのだった。 子供との距離はまだ決して近いとは言えないが、嫌われてもいないという感じだった。
そこに、格安の値段で売りに出されたこの大邸宅があった。 一応見学をして間取りは申し分ない。 しかし不動産屋は一応この家が安い理由を説明する。 それはこの家であった惨劇のことだった。
しかし、格安の価格に惹かれジョージもキャシーも購入を決めてしまうのだった。 3人の子供たちと共に引っ越してきた5人、そして引っ越し直後から家には不気味なささやき声が響いていた。
そしてベビーシッターを雇う事にしたキャシー、リサ(レイチェル・ニコルズ)という若い女性が来るが、はじめは反対していた長男のビリー・ラッツ (ジェシー・ジェームズ)も、セクシーな彼女の姿にポッとしてしまいあっさり受諾する。
しかし、末娘チェルシークロエ・グレース・モレッツ)が目に見えない友達ジョディと交流をし始める。 彼女には同じくらいの少年の姿が見えるのだった。 さらにリサは、前の家族がいたころにもベビーシッターをしていたので、子供たちにこの屋敷で起 こった事件を話していた時、彼女はクロゼットに閉じこめられてしまう。
曰くつきの家だったことに驚く子供たち、そしてとうとうさらに、キャラウェイ神父(フィリップ・ベイカー・ホール)に相談をするのだった。 神父は悪魔祓いをしようとしたが、その時とんでもない現象が起き、ハエの群れが神父に襲い掛かる。 神父は車を走らせ逃げ出してしまうのだった。
さらに子供たちはジョージと距離を置くようになっていく。 そしてジョージも、午前3時15分に目を覚まし、何かに取り憑かれるように薪割りを続け、ついには家族から離れるかのように昼も夜も地下室で過ごすようになるのだった…

オリジナルはいまだに見ていませんが、勝手に続編のような邦題をつけた 「新・悪魔の棲む家」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/1449105.html は見ています。 全く違うお話でしたが。
監督はアンドリュー・ダグラス、ただそこそこのキャストなんですよね。 主演のジョージに若きライアン・レイノルズ、近作は 「クリミナル~」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14772123.html は冒頭部分だけ、「セルフレス/覚醒した記憶」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14396971.html と似たような感じでしたが。 それよりも続編必至の 「デッド・プール」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14189012.html ですよね。
妻役はメリッサ・ジョージ、「パーフェクトゲーム 究極の選択」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13687179.html  という未公開作品に出演しています。
そしてクロエ・グレース・モレッツが出演していますね。 最近だと 「イコライザー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12328217.html かな?
物語は、やはり曰くつきの家に住んでしまった家族の物語。 ほぼ設定はオリジナルと同じようですが、これは実際に起きた惨殺事件、そして超常現象の映画化と言う事なんですね。
なかなか日本では、実際に起きた超常現象を映画化するというのは、ドキュメンタリー風にすることはあっても物語とするパターンは少なく、こういうのがヒット作にはあまりなりませんね。 ただ、必ずと言っていいほど、神父が絡んできます。 そしてなすすべがないところも同じようなパターンですね。
この作品は家自体が呪われている、ってことは解決策は一つですね。

イメージ 1
チェルシーは誰かと会話をしている

イメージ 2
そしてささやき声が聞こえてくる

イメージ 3
そしてだんだん義父が変わっていく

イメージ 4
この家の危なさがわかってくるのと

イメージ 5
おかしくなっていくジョージ

イメージ 6