anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

山猫は眠らない5 反逆の銃痕

2014年作品、ドン・マイケル・ポール監督、トム・ベレンジャー、チャド・マイケル・コリンズ出演。

南フロリダ、ロンドン、ベルリン、ローマ、世界各地で米軍士官が暗殺される事件が勃発する。 現場の状況から、犯人は相当腕の立つ狙撃手であると判明した。
被害者の共通点は過去に “とある作戦” に参加していたことで、その中には伝説的狙撃手トーマス・ベケットの名前もあるのだった。
ブランドン・ベケット一等軍曹(チャド・マイケル・コリンズ)は、サヌア・マリク伍長(メルセデス・メーソン)とコンビを組み、作戦を遂行中だった。 しかし別のペアの計測担当が撃たれ死亡してしまうが、手当てをすることもできず、ターゲットを取り逃してしまう。
上官のビドウェル少佐(ドミニク・マーハム)に彼はしばらく部隊から離れることを志願した。 いきなりの離脱にショックを受けるのは、マリク伍長だった。
連続暗殺事件の真相を突き止めるべく、大佐(デニス・ヘスバート)から指令を受け、ビドウェルは犯人の次なる標的であるショープ少佐が任務に就いているシリア北西部へ向かう。 しかしブランドンは外されたままだった。
ブランドン抜きで、シリアでのチームに合流するビドウェル少佐の一隊だったが、いきなりの戦闘に巻き込まれる。 しかしブランドンは、この任務が危険なこと、そしてビドウェルが、犯人のことを知っていることに気づき、ひそかに単独で仲間を守るために現地に向かうのだった。
そこでブランドンを待ち受けていたものは、想像を絶する過酷な戦いと、予期せぬ人物との再会だった・・・

シリーズ5作目は、トーマス・ベケットの復帰作品にな っています。 そしてそれは親子の対面でのお話にも。
監督はドン・マイケル・ポール、私は未見ですが 「トレマーズ ブラッドライン」 というトレマーズシリーズの5作目を撮っていますね。 見なければ!
今作は、謎のスナイパーが相手となっています。 そして何よりもベレンジャー復帰作品という事ですね。 前作は生死がはっきり触れられていませんが、今作では死んだことになっているんですね。
青の謎の人物が次々と米軍士官を殺していくんですが、イスラム勢力でも、ISでもないことがだんだんわかってきますし、それの共通項が明らかになっていきます。 それにかかわっていたのが、殺された人間たちと、トーマス・ベケット、そして大佐なんですね。
名前がクレジットされてなくて、ただ “大佐” と言われ る人物、デニス・ヘスバートが演じていますが、そのスナイパーは隊を率いるビドウェルの教え子でもあったんですね。
その複雑な人間関係、恨み、その中にベケット親子が巻き込まれるという話ですね。
しかしこのシリーズ、なんとこの後6作目も作られるという、異様に長いシリーズとなっています。

イメージ 1
ペアを組んでいる二人、息が合っていた

イメージ 2
しかし彼は離脱してしまう

イメージ 3
謎の暗殺者の存在があった

イメージ 4
ビドウェルは知っていた

イメージ 5
そして彼が現れる

イメージ 6