anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

2002年作品、原恵一監督、声の出演:矢島晶子ならはしみき藤原啓治

しんのすけ矢島晶子)はきれいなお姉さんの夢を見た。 それはお姫様の格好をしている綺麗な女性だった。
翌日、しんのすけが幼稚園から帰ると、犬のシロ(真柴摩利)が庭を掘り返していた。 その穴から見つけた文箱の中には 「おらてんしょうにねんにいる」 と読める汚い字と、ぶりぶりざえもんの絵が描かれた手紙が入っていた。 埋めた覚えはないのにと訝しがるしんのすけだが、「おひめさはちょーびじん」という一文を見て朝の夢を思い出し、“おねいさん”に思いを馳せながら目を閉じる。
目を開けた瞬間、しんのすけは夢で見た泉の畔に立っていた。 訳もわからず歩いているうちに、軍勢同士の合戦に遭遇してしまう。 最初は時代劇の撮影だと思い込むしんのすけだが、偶然から一人の侍の命を救う。
井尻又兵衛由俊(いじり またべえ よしとし=屋良有作)というその侍は、命を救ってくれた恩からしんのすけを自分たちの城、春日城に案内してくれるという。 そこには、しんのすけが夢で見た “おねいさん” こと廉姫(れんひめ=小林愛)がいた。
又兵衛と廉姫が想いを寄せ合っている事を察したしんのすけは2人の仲を取り持とうとするが、二人は身分の違いからお互いの想いを打ち明けられずにいた。
一方、しんのすけの父ひろし(藤原啓治)と母みさえ(ならはしみき)は行方不明になったしんのすけの安否を気遣っていた。 警察の捜索も手がかりがなく行き詰まっている中、ひろしはしんのすけの残した手紙が気になり、図書館で史料を調べる。
そこには 「天正2年に戦で野原信之介とその一族が奮戦」 との記録があった。 ひろしはしんのすけが戦国時代にタイムスリップしたと確信して 「きっとオレ達も過去に行く事になる」 と悟った。
反対するみさえを説得し、家族と共に車に乗り込んだひろしだが、過去に行く方法すら解らない。 思いつきからシロが掘った穴の上に車を進めてみる。
その頃しんのすけは、廉姫に初めに来た場所に手紙を埋めてはどうかと提案され、泉の前に文箱を埋めていた。 そこに突如ひろしたちを乗せた車が現れ、しんのすけは家族との再会を果たす。
急いで現代へ戻ろうとするひろしたちだが、いくら念じても戻る事ができない。一家はしばらく春日城に滞在することになってしまうのだった・・・

感動を呼んだ前作の「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14874063.html の翌年に、同じ原恵一監督で作られたタイムスリップものの作品。 今回は戦国時代の春日部にタイムスリップしてしまう野原一家でした。
実はこれは、公開時に行こうとしたらもう終わっていたんですよね。仕方なくレンタルで当時見たんですが、これも見ていて大変でした(^^)今作は、実写作品となり、「BALLAD 名もなき恋のうた」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/465590.html という題名で草彅剛が井尻役で主演となっています。
多くの方が見ているしんちゃん映画の名作、物語は野原一家の戦国時代での奮闘記ですね。しっかり歴史の一部になっていることから、どうやら野原一家はこの時代である役目を果たさない事には戻ってこれない運命になっているようです。だから、否応も無く戦国の合戦に参戦することになって行くんですね。
しかしこのラストが本当に悲しい、戦国時代の厳しさ、辛さが実によく表されています。でもこれもしんちゃんの成長譚にしっかりしているのが監督の凄いところですね。
何度見ても最後は泣けてしまいます。

イメージ 1
夢に出て来たお姫様

イメージ 2
そしてしんのすけは戦国時代へタイムスリップ

イメージ 3
そして廉姫と出会う

イメージ 4
そして野原一家も現れる

イメージ 5
そして合戦に巻き込まれていく

イメージ 6
悲しい別れ

イメージ 7