anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ラ・ラ・ランド

2016年作品、デミアン・チャゼル監督、ライアン・ゴズリングエマ・ストーン主演。

アメリカ・ロサンゼルス。 この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。ハイウェイは大渋滞となり、まったく車が進まない。
やっと動き始めた車の中で、なかなか発進しない車をイラつきながら抜かす車もあった。
女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続けているが、落ちてばかりだった。 ルームシェアをしている3人の女友達にパーティーに誘われる。 今日はクリスマスだった。
4人の目的は、そこで何かチャンスを、男を掴むこと。 3人はそれぞれ勝手に帰ってしまうが、車で来た彼女は駐車禁止で車を持って行かれてしまう。 ツイテない、そう思いながら家まで歩いて行く途中、ふと場末のバーから、ピアノの音色が聞こえてくる。
セバスチャン(ライアン・ゴズリング)は、こよなくジャズを愛するジャズピアニスト。 しかし彼が今働いているのがビル(J・K・シモンズ)が経営するレストランだった。 今日はクリスマス、もちろん演奏曲はクリスマスソング、ビルからは、勝手に自分の好きな曲をしたらクビだと言われている。 もちろんセバスチャンはそんなありきたりな曲は演奏したくはないが、ビルの命令は絶対だ。
しかしセバスチャンはこっそり、ジャズのバラードを弾き始める。 そしてだんだんフリージャズに。 気が付くと客たちは唖然としていた。 しかしその音色に惹かれて入ってきたのがミアだった。
ビルは、問答無用でセバスチャンを首にする。 しかし彼のピアノに魅入られたミアは彼の近づくが、 セバスチャンは彼女をあっさりスルーして出て行ってしまう。
実はこれは二人の2度目の出会いだった…

オスカーは残念と言うか、可哀想と言うか、あれはないですよね。 前代未聞の不手際、日本だったら担当者の首が飛ぶもんですが、アメリカの映画界はいったい。
しかし主演女優賞、監督賞始め6部門取ったのはさすがだと思いました。 ただ、直線にラジオ番組で、「ムーンライト」がもしかしたらと言っていた評論家の方がいたんで、まさに大当たりでした。
監督はデミアン・チャゼル、言うまでもなく 「セッション」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13053345.html は衝撃作でした。 J・K・シモンズマイルズ・テラーの死闘は凄まじかったですね。 衝撃を受けてしばらくあの作品は頭から離れなかった(^^)
主演の二人はまずエマ・ストーンウディ・アレンの作品に最近は2作 「マジック・イン・ムーンライト」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12932485.html 「教授のおかしな妄想殺人」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14223634.html 主演していますが、それ以外にも 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12920886.html 「アメイジングスパイダーマン」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6093271.html とコンスタントに出演。 そして満を持してのミュージカル大作ですね。
一方のライアン・ゴズリング、日本公開がほぼ同時期になった 「ナイスガイズ!」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/14756535.html 全く対照的な役柄で両方のゴズリングが見れる良い時期ですね(^^)
物語はいたってシンプル、夢を見てロスに来た男と女の恋愛物語。 しかしミュージカルなんで、音楽を聴いているだけで、躍動感が出てきますね。 
普通のドラマですと、何かと重くなったり、ドロドロぢ足りしてしまうところ、場面の切り替えと春夏秋冬デパートわけがされているし、特訓を積んだ、いかにも自己流のゴズリングのピアノが、私は好感が持てました。 あれは相当やりこんだでしょうね。 クラシックを小さいころから習った弾き方ではなく、本当に独学でという感じの指使いに見えました。
この作品、悲恋ものなんですね。 ラストの走馬灯のシーンがやはりじわっと来ます。 夢を犠牲にするのか? 愛を優先するのか?それは永遠のテーマなのかもしれませんね。

イメージ 1
オーディションを受けるがなかなか受からないミア

イメージ 2
4人でパーティー

イメージ 3
帰りにふと立ち寄ったレストランで

イメージ 4
そのあと再びであった二人、セバスチャンはジャズの良さを教える

イメージ 5
そして二人の愛が高まっていく

イメージ 6
安定した収入を得るため、彼はジャズセッションに参加していく

イメージ 7