anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ある戦争

2015年作品、トビアス・リンホルム監督、ピルー・アスベック主演。

長年紛争の続くアフガニスタンへ、平和維持軍としての派兵を続けているデンマーク王国。 現地の駐留兵士たちは、タリバンの襲撃から民間人を守るため、無作為に地雷が埋め込まれている地域で命懸けの巡回を続けるなど、精神的に追いつめられる日々を過ごしていた。
ある日、巡回中に一人の兵士が地雷で両足を吹き飛ばされ、殉死する事件が起きた。 それをきっかけに不満を爆発させ、パニックを起こす兵士らに対し、駐留軍の隊長を務めるクラウス(ピルー・アスベック)は、「明日からは俺も巡回に同行する」 と宣言する。
してパニックを起こした兵士には、しばらくの間基地における勤務にシフトチェンジさせる。 隊長として自ら動くことで、国から与えられた使命の重要さを示し、部下たちの士気を高めようとしていたのだ。
一方、母国デンマークでは、クラウスの妻マリア(ツヴァ・ノヴォトニー)が、まだ幼い3人の子供を懸命に育てていた。 その日は定期的にクラウスが衛星電話で、家族に電話をかけてくる日。 家族も父からの電話を心待ちにしていたが、今夜はかかってこなかった。
ある日、以前に部隊が助けた民間人の家族が、基地に避難場所を求めてやって来た。 その家族の娘が火傷をした際に、デンマークの兵士たちが手当てをしてあげたからだった。
彼らは 「あなた方は昼間にパトロールしているが、タリバンは夜にやってくる。 奴らに協力しないと家族もろとも殺される。 助けて欲しい」 と告げる。 クラウスは、「明日、もう一度パトロールに行く」 と約束し、その日は家に戻るよう、家族を説得するのだった。 しかしその家の主人は、何とか子供たちだけでも、ここに置いて行きたいと、懸命に言うが、クラウスは親子を放すわけにはいかないので、その日家族を帰らせるのだった。
だが、翌日、パトロール部隊を率いてその家を訪ねたクラウスたちは、惨殺された家族の亡骸を発見。 クラウスは自分が家族を見殺しにしたと落胆する。
しかしその直後、クラウスたちは突如として何者かの攻撃を受ける。 一体、敵はどこから攻撃しているのか? 敵の位置を掴めぬまま、民家の敷地内で追い詰められる部隊。
首に被弾した部下ラッセ(ダルフィ・アリ・ジャバリ)もすでに虫の息だ。 攻撃は閉鎖されている西の第6地区からのようだが、敵兵の視認ができない。
「このままでは全滅する。」 そう考えたクラウスは、敵が攻撃してきていると思われる第6地区への無線での空爆要請を部下に命ずる。 2分後、周囲に轟く爆撃音の後、敵からの攻撃をしのいだクラウスたちは、傷ついた部下を連れて、何とか基地への帰還を果たすのだった…

昨年の外国語映画賞でオスカー候補になった作品、監督はトビアス・リンホルム、2012年にも1本監督として撮っているようですが、脚本参加が多いようです。
主演のクラウス役にはピルー・アスベック、「LUCY/ルーシー」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12086850.html にもクレジットされています。
中東での泥沼の戦争、ここは今はISが有名ですが、反米、反キリスト勢力としては、敵対したり連携したり、また独自で戦っている勢力もあり、一筋縄ではいかない現状だそうです。
今回デンマークの平和維持軍が治安維持、戦闘解決に乗り出したいる中での壮絶なドラマですね。 国際的にこの地雷というのが厄介なんですね。 一度埋められてしまうと、この除去作業がとても手間と時間、そして経費が掛かる。 さらにうっかりすると確実に死傷者が出る。
アジア地区ではカンボジアの紛争地域がそうでしたね。 一個一個丹念に爆破していかなければならない。 映画冒頭で早くも隊員の一人が犠牲になる、痛々しいシーンがあります。
主人公のクラウスは、リーダーシップがあり、隊員の気持ちを理解し、さらに家族に対してもケアを欠かさない、人間としても立派な隊長です。 しかしこの基地の隊員を救うための行動から、いきなり強制帰国、そして軍事裁判にかけられていくんですね。
帰国してからこのあと半年にわたる裁判を闘うという反転したドラマとなっていきます。
父親が罪の疑いをかけられ、帰国する。 3人の子供は予定より早く帰って来た父の姿に驚喜します。 妻はもちろんその理由をすぐに聞かされ憤りますが、だんだん子供たちも父親の置かれている厳しい立場を、上の二人の子供はしっかり意識するんですね。 辛い裁判がどうなってしまうのか? それはぜひ見ていただきたいのですが。
私は一連のタリバンのやり方が許せませんでした。 反米、反資本主義国家の心情は、多少なりとも理解はできますが、だからといって民間人を問答無用に殺し、それを餌に平和維持軍を攻撃するやり方にはどうしても納得できなかった。 クラウスはその罠にかかったとさえ思えましたが。

イメージ 1
彼らの役目は民間人をタリバンから救うこと

イメージ 2
助けを求めに来た民間人を救うといった先で、攻撃に遭う

イメージ 3
しかし一転して罪に問われる

イメージ 4
裁判で必要に責められる

イメージ 5
弁護士とこの裁判に勝てるのか?

イメージ 6