anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

スピード2

1997年作品、ヤン・デ・ボン監督、サンドラ・ブロック主演。

ジャックと別れたアニー(サンドラ・ブロック)は、新しい恋人アレックス(ジェイソン・パトリック)に今夢中。 しかしあの時以来運転をするとついついスピードを出して、いまだに免許取り消し中。 そこで再度教習所に通い、免許を取得しようと奮闘中だった。
SWAT隊員のアレックスはバイクで犯人を追跡中だった。 何とか追い詰め逮捕までこぎつけたが、そこで教習車を暴走させてしまったアニーと遭遇、実はアレックスはアニーにはSWAT隊員のことは隠していたのだった。
アニーは分かれたジャックがいつも危険と隣り合わせだったことから、暇な警察官と思ってアレックスと付き合っていたのだったので大激怒。 そのためアレックスは、任務中に足にケガを負ったこともあり、1週間の休暇をとって彼女と共にカリブ海1週間の豪華クルージングの旅に出ることで、彼女のご機嫌取りをし、そしてそこでプロポーズをすることを決めるのだった。
彼らが乗り込んだ豪華客船シーボーン・レジェンド号では、全米の宝石商が3億ドルを越えるダイヤを持ち寄り、ジュエリー・コンベンションも行われることになっている。しかし、航海初日の夜、乗客の一人、ガイガー(ウィレム・デフォー)が動き出したのだった。
彼は航海士に化けてエンジンを破壊し、続いて迷ったふりをして操縦室に入り、小型受信機を気づかれないように仕掛けると、船の自動操縦プログラムを自分のコンピュータに移した。 そして船長を海中に落として主導権を奪うと、この船をジャックするのだった。
彼はこのプログラムの設計者だったが健康を害してクビになって以来、精神に異常をきたしていた。 ガイガーは、船内の至る所に小型手榴弾の時限爆弾をセットし、次々に船内で爆発が起こす。 
自在に火事を起こすことができるという彼は、一等航海士ジュリアーノ(テムエラ・モリソン)や二等航海士マーセド(ブライアン・マッカーティ)らに15分間船を停止させる間に、乗客は全員下船させろと命じるのだった…

スピード感あふれる前作に比べ、その感じが味わえるのは冒頭のカーチェイスシーンだけでしたね。 ただそれは前ふりで、どこにでもあるシーン。 今回の舞台は大型の豪華客船でした。
監督のヤン・デ・ポンは、2匹目のどじょうを狙いに今回は設定を大幅に変えてきました。 主役はキアヌが降りて、サンドラと新しくジェイソン・パトリックが抜擢されています。
告発のとき」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/7616634.html に出演後、「コードネーム: プリンス」 で主演をしていますがそちらは未見です。
そして悪役にはウィレム・デフォーが起用されています。 善玉をやったりなんでもできる俳優ですが、「ジョン・ウィック」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/13564132.html や 「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」 http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11867176.html は良い役側でした。
大ヒット作の前作と比べ、酷評されコケてしまった印象が強いこの作品、やはり中盤の動きの無さが原因でしょう。
大型船物は、ホラーでもアクションでも、広さがやはりある意味障害になり、テンポがどうしてもゆっくりになってしまいますよね。 ですからクライマックスをいかに迫力を出しても途中で飽きられてしまう。
確かにラストのタンカーとの衝突を回避するシーンとかは見せ場ですし、なかなか金をかけているなと思いますが、大味感は否めませんね。
そしてこのシリーズもここで打ち切られました。
キアヌ降板も響いたのかもしれませんが、ヤン・デ・ボン自身も、プロデューサー参加はありますが、ここ10年撮っていませんよね。
もう一回花が咲かないかな?

イメージ 1
大型客船がジャックされた

イメージ 2
犯人のガイガー

イメージ 4
暴走した客船を

イメージ 3
しかし拘束されてしまうアニー

イメージ 5
客船を止め彼女を救えるか?

イメージ 6