anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

死にぞこないの青

2008年作品、安達正軌監督、須賀健太谷村美月出演。

新しい学年が始まり、生徒たちの注目は新しく担任になる先生気の話題で持ちきりだった。 初めて担任を持つ羽田光則(城田優)は2クラスしかないクラスの一つを受け持つことになった。
生徒たちの人気はあるイケメンの若い教師だった。 基本優しいのだが、その日教室のドアのガラスが割れ、中からボールが飛び出してきた。
佐々木マサオ(須賀健太)が誤ってやってしまったとされ、気の弱い小学6年生マサオは、羽田に呼び出され厳重注意を受ける。 
また、生き物係を決めるできごとで、勝手になれるものと思い込んでいたマサオは、それが自分勝手だとされ、そがもとで羽田に嫌われてしまう。 それ以来、羽田は何かにつけマサオを理不尽に攻撃し、やがてクラスメイトたちもマサオいじめに興じ始めるようになってしまう。
羽田のマサオにたいする集中攻撃はどんどんエスカレートしていく。 誰かが悪いことをすると注意しなかったマサオの責任に。 テストの点数が悪いのはマサオの責任。
マサオの家庭は、普通の家庭で、ちょっと気の弱そうだが優しい父・秀之(博多華丸)と、母・恵美子(坂井真紀)そして妹のノブ(中村咲哉)との4人家族という事なのだが。
彼はいろいろな嫌なことにあうと、何か別のものが見えてくる。 それは裸足で傷のある足だった。 そしてどんどんゴミ扱いされ、命の危機にまで追い詰められた時、マサオの前に現れたのは、全身真っ青の不気味な少女・アオ(谷村美月)だった。
傷だらけで、片目片耳はつぶれ、白い拘束服を着たアオは、やがて教室中を恐怖に陥れていく。 いつしかアオの残虐性に、マサオ自身も取り込まれていくのだった…

監督の安達正軌作品を見るのは初めてですが、園監督作品の脚本なども書いているんですね。 主演は、「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」で主役を務めた須賀健太、子役だったころは多くの重要な役で出ていますが、近年大人になってからは、高校生役で「青鬼」http://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/11976617.html で、入山杏奈の相手役をしていますね。
物語は、小学6年生のマサオが遭う、教師ぐるみのいじめのお話から始まります。 親や同僚からは絶大な人気があり信頼されている教師、しかし子供たちに対してはなにか危なっかしい態度を取るんですね。 そしてその中の一人マサオにはとんでもない集中攻撃を始めます。
いやー、観ていて辛くなるほどの仕打ちですね。 こういう陰湿な教師は、まあ昔からいましたが、たった一人にというのはなかなかハードですね。 私も転校した4年生の時の担任がちょっとその気がありましたが、イケメンではなく最古参のおじいちゃん教師でした。
まあそれはさておき、ホラーの範疇なんで、謎の少女“アオ”が彼の前に出てきます。 不気味な風貌、もちろん彼にしか見えません。 そしてこの後アオは、どんどんマサオを挑発していくんですね。
アオがやっているのか、マサオがやっているのか初めはわかりづらいんですが、やはりマサオが実行して反撃を始めます。 ここまで来ると、最終ターゲットは教師の羽田になるんですが、正夫は無事復讐を遂げるのか? その辺りがちょっと違う展開になっていくんですね。
これはホラーなのか? そう感じる作品でした。

イメージ 1
教師の羽田のいじめが始まる

イメージ 2
それは女子生徒にも伝播する

イメージ 3
そんなマサオの前に

イメージ 4
アオが現れる

イメージ 5
しかし羽田の行為はどんどんエスカレート

イメージ 6
2人は反撃をし始めるが

イメージ 7