anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

GONIN

1995年作品、石井隆監督、佐藤浩市主演。

かつてはヤングエグゼクティブとして雑誌に紹介されたこともあったディスコのオーナー・万代(佐藤浩市)は、バブル崩壊で多額の借金を背負い、暴力団大越組の借金の取り立てに苦しんでいた。
ある夜、万代は新宿のバッティングセンターで、サラリーマン風の男・荻原(竹中直人)に執拗にからまれ、反対に殴りつけると、萩原は呆気なく倒れて泣き出した。 リストラで会社を解雇された萩原は、職を求めて夜の街をさすらっていたのだ。
怪我をした萩原を車に乗せて店に帰った万代を待っていたのは、大越組組員・久松茂 (鶴見辰吾)たちにによる嫌がらせだった。 調子に乗って暴れる組員を、美貌の青年・三屋(本木雅弘)がナイフで刺した。
三屋はホモ男を恐喝して刑務所に入ったことがあり、それが万代の密告によるものと思い込み付け狙っていたのだ。 三屋の誤解をとき、万代は一緒に仕事をしないかと持ちかける。 万代は、大越組の金庫に眠っている大金強奪を計画し、仲間を探している最中だった。 万代に憎しみとともに憧れも抱いていた三屋はそれを承諾する。
翌日、万代は借金の返済を延ばしてくれるよう、大越組に頼みに行った。 そこへ組員の金髪の青年・ジミー(椎名桔平)が、女の借金のことで文句を言いにきて幹部と大もめになってしまう。 ジミーは、タイ人の売春婦ナミィー(横山みゆき)のヒモだった。 その夜、ジミーを探しに行ったバーで、万代は用心棒をしている刑務所帰りの元刑事・氷頭根津甚八)に出会う。 氷頭は万代が現金強奪を計画した時から、仲間にしようと思っていた男だった・・・

今回久しぶりの続編が公開という事で、1、2作を鑑賞して見ました。“GONIN”というのは5人という事なんですね。今回は5人の男たちの、一大計画のお話です。
借金を抱えたディスコオーナーの万代、一見家庭を持っている風の男・荻原、向こう見ずの若い青年・三屋、金髪の元ボクサージミー、刑務所帰りの氷頭この5人が、やくざを相手取って大金をかすめ取ろうという計画をするんですね。
もちろん主犯は、多額の借金がある万代ですが、彼の計画は自分はあくまでも被害者の立場を取るという事ですね。
しかし相手はヤクザ、すぐにこの事件の主犯を、一番落としやすい人間から掴んでいくんですね。
そして殺し屋役で、京谷一郎 、ビートたけしが演じています。 そして相棒兼愛人で木村一八演じる柴田一馬がいるんですね。
なかなか手強い殺し屋の京谷ですが、はたして誰が生き残るのか?
前半はちょっとかったるいんですが、5人を束ねていくところから、そしてたけしが出てきて物語がヒートアップしていきます。 バブルの名残が残っているディスコ、これが次作に引き継がれていくんですね。

イメージ 1
万代と三屋がまず二度出会う

イメージ 2
サラリーマンの荻原

イメージ 3
ナミィーのひものジミー

イメージ 4
そして元刑事の氷頭も合流

イメージ 5
しかし殺し屋の二人が着け狙う

イメージ 6