anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

チャイルド・プレイ/チャッキーの種

2004年作品、ドン・マンシーニ監督、ジェニファー・ティリー、レッドマン出演。

突然送られてきた贈り物、そこにはあまり可愛く無い人形が入っていた。 そしてその人形は、ひとりでに歩き出し、まず父親を、そして次は母親を殺したところで、その家の娘に見つかってしまった。
と、そこで夢から覚める少年? いやそれは少年の人形だった。
イギリスの見世物小屋で、ニセ腹話術師の腹話術人形に扮するシットフェイス(=グレン)は、6年前にアメリカから連れてこられ労働を強いられていた。 ニセ腹話術師に脅かされ、いつもビビッて小便をもらすほどの臆病者のシットフェイスだったが、ある日TVから、ハリウッドで殺戮人形の都市伝説―チャッキー&ティファニーの映画化のニュースを知った。
そして見つけたのはその人形の腕に“MADE IN JAPAN”の文字が刻まれているのだった。 自分の腕にもある、そしてこの2体の人形が、自分の両親だと思ったシットフェイスは、一瞬の隙をついて、そこを抜け出し、ハリウッドに向かうのだった。
その頃、女優のジェニファー・ティリー(本人)は、元ラッパーのレッドマン(本人)が監督する、聖書を題材にした大作映画のマリア役を得ようと画策していた。 ティリーは、レッドマンを自宅に招いて、なんとか役を得ようとする。 レッドマンはジェニファーのことを気に入っていたが、マリア役にする気は毛頭なかった。 でも彼女には興味があるので、今夜の約束はするのだった。
シットフェイスは、チャッキー映画の特殊メイク&効果を務めるトニー・ガードナー(本人)の作業部屋で、チャッキーとティファニーの人形を発見することができた。 ところが声をかけても反応がない。 そこに呪文が書いてあるペンダントを見つけた。 それを唱えると、それはブードゥー呪術をかけて邪悪呪文であり、二人の魂を復活させることができた。
早速入ってきたトニーを殺し、シットフェイスを見て、自分達の子供と確信したチャッキー&ティファニー。 チャッキーは男の子だと信じてグレンと名付け、ティファニーは女の子と信じてグレンダと言い張る。
グレンはいったい男なのか女なのか? 親子3人のこれからの目的は何になるのか?・・・

前作の最後に生まれ落ちた赤ん坊、それから6年が経っているんですね。 ニセ腹話術師はちゃっかりその人形を見つけ驚くことなく、自分の仕事に使っているなんてまずギャグですね。
じつは前作から、ホラー色が薄れ、コメディの色が濃いんですね。 もちろんどんどん人は殺していくんですが、おどろおどろしさは、大分薄れていて、スプラッター面が強調されてますし、殺し方があっさりで恐怖を感じることが無いんですね。
まあ続編も5作目となれば、物語の続きを考えることが優先となり、つじつま合わせに重きが置かれてしまうから仕方がないですが。
前作からの登場は、女優役で、ジェニファー・ティリーが起用され、ラストにもう一回元に戻る?という設定になっていきます。 ちょっと初めから彼女の設定の置き方があやふやですね。
おそらくここで一回終りという感じなんでしょう。 そして次作は原点回帰の作品となります。

イメージ 1
チャッキーとティファニーの間に生まれた

イメージ 2
両親を探しに行くグレンは

イメージ 3
復活し、早速殺戮

イメージ 4
映画監督の家に入り込む

イメージ 5
3人はどこへ向かうのか?

イメージ 6