anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

ファーナス/訣別の朝

 
製鉄所で働いているラッセル(クリスチャン・ベイル)、彼はここアメリカ・ペンシルベニア州の田舎町ブラドックで生まれ育った。 父も製鉄所で働き自分も同じ職に就いている。 しかしかつて鉄鋼の町として知られていたここも、不況の波が押し寄せていた。
恋人のリナ・テイラー(ゾーイ・サルタナ)ともうまくいっているが、気がかりなのは弟のロドニー(ケイシー・アフレック)だった。 彼は何度もイラクに派兵されているのだが、帰ってくると借金をして競馬をしている。 借りるのは酒場を経営しながら、裏では手広くやっているジョン・ペティ(ウィレム・デフォー)だという男だ。
そんなラッセルは、その日仕事の前に父を見舞いに実家に顔を出した。 父はもう長いことが無い。 そこには叔父のレッド(サム・シェパード)も付き添ってくれていた。 
仕事の帰り道、彼は酒場に顔を出し、奥の事務所のジョンを訪ねた。 弟の借金を少しでも返そうとしたのだった。 そしてその帰り道、不意に飛び出してきた車と激しく衝突してしまった。
向こうの車の親子は重体だった。 おそらく助からないだろう。 そして彼は刑務所に入ることになってしまった。
弟のロドニーは面会に来てくれたが、リナは決して来なかった。 そしてロドニーはまたイラクに行くことになっていた。
刑務所の暮らしは、決して楽ではなかった。 しかし彼は極力耐え忍び、なんとか出所の日を迎えた。 ロドニーが迎えに来てくれたが、もう父は亡くなっていた。 そしてリナも彼のもとを去り、保安官のウェズリー(フォレスト・ウィテカー)と交際を始めていた。
しかし、一番の気がかりは、ロドニーだった。 彼はラッセルがいない間にイラクに行きそして精神を病んでいたのだった。 そしてそんな彼は、賭けを対象としたストリートファイトに明け暮れて、自暴自棄の生活をしていた。
全てを失ったラッセルと、心を失ったロドニー、仲の良い兄弟に過酷な時が襲ってきた…
 
時代背景は現代、地方の鉄工所は、もう中国から安い鉄が入ってきて、いずれ無くなるという、よくある話ですね。 そしてイラク戦争で心を病んだり、国を恨んだり、現代のアメリカの抱えている問題がちりばめられた作品です。
ラッセルは、父と同じこの町で育ち働き、そして小さな幸せをはぐくんでいたんですが、ちょっとした不運から人生が急転してしまいます。 この時も弟の借金を返しに行ったことから起きたことですが、彼は決してそのことを誰にも言いません。
後半にデグロートという巨悪な男が出てきますが、ウディ・ハレルソンが演じています。 前半に出てくるジョン役のウィレム・デフォーが小悪に見える悪役ですが、中々嵌っていましたね。
また、微妙な関係になってしまった保安官にフォレスト・ウィテカーが出演していますが、先日観た「ケープタウンhttp://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/12094748.html とは立場が入れ替わったような感じでしたね。
人生はちょっとしたことで変わってしまう、悲しい兄弟の切ない物語でした。
 
イメージ 1
ラッセルの働く鉄工所
 
イメージ 2
仲の良い兄弟だった
 
イメージ 3
ラッセルのところから去ったリナ
 
イメージ 4
ジョンはロドニーに金を貸し、相談にも乗っていたが
 
イメージ 5
リナと暮らしているウェズリー
 
イメージ 6
叔父のレッドはラッセルの気遣ってくれる
 
イメージ 7