anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

極道兵器

2011年作品、坂口拓、山口雄大監督、坂口拓主演。

機関銃、ピストル、ライフルあらゆる弾が当たらない男、極道を貫き、そのために弾に当たらない。 その男の名は、岩鬼将造( 坂口拓)、己はナイフ、刀で敵をすべてなぎ倒してしまった。
敵の親玉はジョセフ大佐、彼のいるテントを発見したとき、地雷を踏んでしまったが、その爆風を利用してテントまで一気に飛んで、ジョセフを追い詰めた。
極道はあらゆるところでけじめをつける。 ジョセフをけり倒した将造だった。 
そこに現れた謎の男、そして銃を突きつける女。 彼らは日本政府の者といい、父である岩城組長(麿赤兒)が惨殺されたことを知った将造、三太郎(仁科貴)、拓三(西明彦)の3人は日本に向かう。
今までの岩城組はサラ金と変わっていた。 そこにいたのは昔舎弟だった男島田だった。 そして、岩城組長をはめた男は倉脇重介 (鶴見辰吾)であることが分かった。
倉脇は岩城組の若頭だった男だった。 そこにいる奴らを叩き潰した将造は、倉脇を潰しに行こうとするのだが、倉脇は考え方が違っていたので、今までの極道組織からの信望は無かった。
そこに現れた威勢のいい女・山鬼なよ子(黒川芽以)は将造のいい名づけだった。 そして倉脇もなよ子を狙っていたが、なよこは倉脇が眼中にはなかった。 そして倉脇を追い詰め彼のビルに乗り込む将造だったが、あと一歩というところで謎のヘリのミサイル攻撃を受けて、将造は右手と右足を失ってしまうのだった。 そこへあの謎の男と女が現れ、将造をさらっていったのだった…

原作は石川賢のコミックスですね。 永井豪の弟子で、画風がそっくりの漫画ですが、とにかく奇想天外の話をよく実写にしましたね。
これぞ「SUSHI TYPHOON 」レーベルですね。 なんといってもバトルシーンがいいですね。 たっぷりと手を抜かず演じ切るところが爽快ですね。
最後に出てくるライバルの兵器がお色気たっぷりでしかも強烈です。 ちょっと息子が見ていたのでやばかったかなって感じでした。 まだまだあるこのレーベルは見続けますよ。

イメージ 1
極道の父

イメージ 2
近代やくざの倉脇

イメージ 4
将造も強いが、大けがを負う

イメージ 3
しかし復活!

イメージ 5