anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

龍が如く3

2009年作品。

死んだはずの寺田が生きていた衝撃の事実が背景にあった、東城会と近江連合との抗争を、何とか決着させた桐生一馬黒田崇矢)は旅立つために、神室町の住人に挨拶をしていた。
ホストクラブ・スターダストは近江連合に派手に壊されたのだが、ユウヤ指揮の元、急ピッチで再建していた。 寂しがるユウヤだが、桐生はある目的のために神室町を離れるのだった。
亡き風間のおやっさん(渡哲也)の遺志である養護施設 「ヒマワリ」 の再建を沖縄の地でやろうというのだった。
アサガオ」 という施設のために、遥(釘宮理恵)を始めとした親を亡くした子供たちのために、桐生はカタギとなり、施設で9人の子供たちとの生活に入っていく。
しかし1年後、沖縄にある問題が押し寄せてきた。
米軍基地増加計画とリゾート開発計画が持ち上がってきたのだった。 市民の反対が増加する中、アサガオにも土地買収の問題が発生する。 土地の所有者である地元の暴力団琉道一家に一人で談判に行く桐生だが、そこに立ちはだかった一人の若者・島袋力也(藤原竜也)は、小さいヤクザ組織の若頭だった。
桐生に対して怯まず、沖縄の組織の意地を見せる力也だが、桐生には歯が立たなかった。 すっかり桐生に心酔する力也は、組長の名嘉原茂(泉谷しげる)に会わせる。
始めは内地の者に対して警戒心を持っていた名嘉原だが、対坑組織・玉城組とのいざこざを桐生が解決したことに恩義を感じ、アサガオ存続に対しても協力するようになる。 しかし、そこに現れたのは東城会の6代目、堂島大悟(徳重聡)だった。 なぜ大悟は沖縄まで足を運んだのか? 桐生の生活がまた大きな嵐に巻き込まれていくのは明らかであった…

この作品から、ナンバリングシリーズのソフトもPS3となっていきます。 グラフィックの綺麗さと、もしかすると難しさも一番かもしれないですね。
特にバッティグンセンターの最高レベルがとても…モニターにテープをして何とかクリアできますが、液晶テレビではそれもやりづらく、コンプリートはあきらめています、今となっては。
舞台が今回は沖縄となり、初めて海釣り(といっても海岸から釣るんですが)がが入り、ここからチェイスバトル、現代版の天啓も入ってきます。 もちろん神室町も舞台となっていますが、さすがにボリューム満点の作品ですね。
実は桐生だけ主人公作品は、今のところこれが最後になっています。 以降の作品は複数のキャラで回すようになってしまいました。 しかし相変わらずの、しっかりとしたストーリー展開はやはり「龍が如く」ですよね。
力也が壮絶な最期を遂げるシーンはゲームをしていることを忘れて泣いてしまうほどです。そ して衝撃のラスト・・・
おなかいっぱいの「3」でしたね。 ここからやり切ると、私のような下手くそは、ゆうに2~3カ月かかってしまうようになりました。 この作品からですよ、他のゲームをやる暇が無くなったのは(^^)
セガの策略にすっかりはまり始めた作品でしたね。でもすごいゲームでした。

イメージ 1
遥も沖縄に

イメージ 2
組長の名嘉原茂

イメージ 3
でも桐生にはやはり神室町が似合う







\¯\ê\寤¹¤ë¤ȿ·¤·¤¤\¦\£\ó\ɥ¦¤dz«¤­¤ޤ¹
この男は、風間のおやっさんではないのか?!
\¯\ê\寤¹¤ë¤ȿ·¤·¤¤\¦\£\ó\ɥ¦¤dz«¤­¤ޤ¹
東城会6代目となった堂島大悟
\¯\ê\寤¹¤ë¤ȿ·¤·¤¤\¦\£\ó\ɥ¦¤dz«¤­¤ޤ¹
こいつが頭も切れ、強いラスボス

イメージ 4