anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

マイティ・ソー

 
神話の世界アスガルド・氷の世界との闘いが昔にあった。 オーディンアンソニー・ホプキンス)はこの戦いに決着をつけ、氷の世界との戦争を終わらせた。 二つの世界の間に秩序が生まれその後はアスガルドは平和であった。
氷の巨人たちはオーディンに 「箱」 を取られ、パワーを封じもめられていた。 しかしソー(クリス・ヘムズワース)のアスガルドの王位継承の儀を行っていた最中に氷世界から侵入者があった。 戦闘マシン 「デストロイヤー」 によって事前に阻止はしたが、息子ソーは、このことを重く受け止め一気に氷の世界に攻め込もうと王であるオーディンに進言した。
休戦を崩したくないオーディンは事を穏便に済まそうとする。 選ばれた者しか持つことのできない伝説の武器“ムジョルニア”を手に、最強の戦士としてその力を誇っていたソーは、仲間とともに氷の世界へと攻め入ってしまった。
アスガルドを戦乱の危機に陥れる、その行為に怒ったオーディンはソーの力とムジョルニアを奪い、地球へと追放する。 しかし氷の世界からどうして 「箱」 のある宝物庫に侵入できたのか? 氷の世界を率いるラウフェイ(コルム・フィオール)はアスガルドにも裏切り者がいると言うのだった。
一人地球に落ちてきたソーは普通の人間の能力になってしまった。 そこに出くわしたのが、天文学者ジェーン(ナタリー・ポートマン)、そのアシスタントのダーシー(カット・デニングス)、指導者のエリック・セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)だった。
彼女はワームホールの研究をしており、ニューメキシコ州に落ちてきたソーに何かを感じる。 しかしその研究データをS.H.I.E.L.Dも興味を持っていた。 アスガルドではソーの仲間たちがソーの救出を計画していたが、弟のロキ(トム・ヒドルストン)は兄のいないあと、自分が王位に着き着々と自分の権力をつかみ始めていた。 はたしてソーの運命は…
 
いよいよ「アベンジャーズ」まであと1作を残すまでとなりました。
ソーは神話との融合の話ですね。 普通の人になってしまったソーがどうやって力を取り戻すのか、また今回重要な役割のロキがどうなっていくのかがポイントですね。ちらっとホークアイジェレミー・レナーが出てきますが、気を付けてないと見逃してしまいますね。
氷の世界の大男たちが意外と弱いのが気になりますし、ソーの圧倒的な力もちょっと常識はずれですね。 まあ神話の世界の冒険活劇は十分楽しいんですが、現代の 「アベンジャーズ」 にどう繋げるんだろうと、これだけではよくわかりづらいんですね。 それはもう1本の映画で・・・
 
イメージ 1
父と息子
 
イメージ 2
友たち
 
イメージ 3
地球に落とされてしまったソー
 
イメージ 4
地球での出会い
 
イメージ 5
そしてある男が近づく
 
イメージ 6