anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー


宇宙誕生以前に存在した6つの特異点が、大爆発によって宇宙が生まれた時に残骸となり、ひとつひとつが 「空間(スペース)」 「現実(リアリティ)」 「時間(タイム)」「力(パワー)」 「魂(ソウル)」 そして 「精神(マインド)」 を司るエネルギーの結晶へと姿を変えた。 それらはインフィニティ・ストーンと呼ばれた。 もし6つすべてのストーンを手に入れることができれば、全能の力を得られる。
ソー(クリス・ヘムズワース)の激戦の直後、新天地として地球に向かっていたソー率いるアスガルドの民を乗せた宇宙船を何者かが襲撃した。 それは宇宙で最も恐れられる魔人サノス(ジョシュ・ブローリン)の宇宙船 「サンクチュアリII」 だった。
宇宙のバランスを完全に保つためには、全生命の半分を消し去る必要がある。 そう信じるサノスは、インフィニティ・ストーンを集めるべく行動を開始したのだ。
サノスはソーを拷問し、彼らが持っているはずの物を要求した。 兄の窮地に見かねた弟ロキ(トム・ヒドルストン)は、サノスが欲する物:アスガルド崩壊に乗じて手中に収めていた 「四次元キューブ」 を見せる。 その瞬間、ハルク(マーク・ラファロ)がサノスを攻撃 した。 しかしサノスはハルクの猛攻に耐え、逆にハルクを打ちのめしてしまう。
ハルクの敗北を受け、ソーの腹心ヘイムダルイドリス・エルバ )は最後の力を振り絞り、虹の橋・ビフレストの力でハルクを地球へとワープさせた。 それは彼がサノスの配下コーヴァス・グレイヴ(マイケル・ジェームズ・ショウ)に殺害される直前のことだった。
ハルクが敗れ、最早息も絶え絶えのソーを守るものはない。 ロキはサノスに屈し、四次元キューブを差し出した。 サノスをワナにはめるために。 しかしそれも失敗に終わった。 サノスは圧倒的な力を以って、神相手に一切何もさせずロキを殺害した。
手にした四次元キューブを粉々に破壊し、中に収められているブルーのインフィニティ・ストーン、スペース・ストーンをガントレットに埋め込む。 ガントレットにはもう一つストーンが埋め込んでいた。 ザンダー星に保管されていたはずの、ガーディアン ズ・オブ・ギャラクシーが必死で守り抜いたパープルのインフィニティ・ストーン、パワー・ストーンである。 その無限の力をもって、サノスは小さな宇宙船を破壊した。死んだロキ、アスガルド人たち、そしてソーもろとも。
地球に平行世界を守る魔術師スティーヴン・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)の元に、空から男が降って来た。 ヘイムダルが命を賭けて転送したブルース・バナー博士である。 サノスが2つのインフィニティ・ストーンの所在地である地球を狙っている。
伝えられたこの危機に、アベンジャーズのリーダーであるトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr)に接触し、ストーンの防衛を依頼する。 しかし、既にシビル・ウォーから続く苦難に直面していたトニーは、かつ てのアベンジャーズのメンバーたちとの確執に悩んでおり、協力に消極的な態度を示す。
そんな中、「Qシップ」 とよばれるドーナツ状の宇宙船がニューヨーク上空に出現した。 サノス配下 「ブラックオーダー」 に所属する、元素を操るエボニー・マウ(トム・ヴォーン=ローラー)と怪力を操る巨人カル・オブシディアン(テリー・ノタリー)が、ストレンジの持つ 「アガモットの目」 ことグリーンのインフィニティ・ストーン、タイム・ストーンを狙い来襲したのである。
ニューヨークを舞台に、タイム・ストーン防衛線が展開される。 ストレンジの盟友ウォン(ベネディクト・ウォン)は激闘の末カル・オブシディアンを撃退するが、アガモットの目に魔術を掛けストーンの防衛に当たっていたストレンジはエボニー・マウによって拉致されてしまう。
第六感・スパイダーセンスを発動させこの危機にいち早く気付いていたピーター・パーカー(トム・ホランド)は、トニーに渡された新スーツを身に纏い、アイアンスパイダーとなって逃走するQシップにしがみ付きブラックオーダーを追跡する。 トニーもまた、Qシップに乗り込みストレンジの救出に乗り出すのだった・・・

いやー、凄い作品でした。
今作で本格的に登場するのがサノス、演じているのはほとんどデフォルメされていますが(^^) ジョシュ・ブローリンです。
もうこれはじっくりと今作と、来年公開予定の続編を見るしかない、そんな大作です。いままで、じっくりと描かれてきたこの大河作品、ポイントはインフィニティ・ストーンですね。 各キャラの作品に登場してきた謎の光る物体、実はその一つ一つに特性があり、司っている世界があるんですね。 しかしそれをすべて集めこの宇宙を掌握しようとする存在こそ、サノスということでした。
今まで見え隠れしてきましたが、1回目の 「アベンジャーズ」 https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/6646762.html
で描かれていたのはほんの予告編で、「ソー」シリーズ https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?fid=0&m=lc&sk=0&sv=%A5%DE%A5%A4%A5%C6%A5%A3%A1%A6%A5%BD%A1%BC 、そして「ガーディアンズ」シリーズ https://blogs.yahoo.co.jp/atts1964/MYBLOG/yblog.html?m=lc&sv=%A5%AC%A1%BC%A5%C7%A5%A3%A5%A2%A5%F3%A5%BA&sk=0 でだんだん近づいてきていました。
この作品で、宇宙の野郎どもとコラボするといわれていましたが、完全に連合軍を組んでいたのには驚きでした。 次作で本格的といわれていたので、今作でも十分融合していましたね。
さて、次作は今作品に登場しなかった 「アントマン」 続編が次のアベンジャーズにどう繋がるのか? そこは見所ですね。

イメージ 1
とうとう地球に

イメージ 2
みんなが

イメージ 3
異変を感じる

イメージ 4
そして戦いの相手は

イメージ 5
サノス

イメージ 6