anttiorbの映画、映像の世界

yahooから引っ越してきました。よろしくお願い致します!

アメイジング・スパイダーマン

2012年作品、マーク・ウェブ監督、アンドリュー・ガーフィールド主演。

4歳のピーター(マックス・チャーリーズ)は両親と幸せに暮らしていた。 しかしある晩父リチャード(キャンベル・スコット)と母メアリー(エンベス・デイヴィッツ)の様子がおかしい。 二人は何か怖い顔で話している。
そして連れて行かれたのは叔父夫婦、ベン(マーティン・シーン)とメイ(サリー・フィールド))の家だった。そして両親は消えた・・・
ピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)は高校生になっていた。 腕っ節は強くないが、正義感はあった。 いじめられている同級生を助けようとしたが、大柄なフラッシュ(クリス・ジルカ)には返り討ちにあってしまう。
でも良いことはあった。 憧れの女の子・グゥエン(エマ・ストーン)にはいい印象を得たのだった。
そんなある日、ピーターは自宅で父親の残していった鞄を見つける。 中には、父の親友であった生物学者カート・コナーズ博士(リース・イーヴァンズ)と父の関わりを記したメモが入っていた。 父のことを知ろうと、ピーターはコナーズ博士の会おうとオズコープ社に向かう。
そこで研修生になりすまし入っていくとなんとそこにグゥエンがいた。 彼女は忍び込んだピーターを見逃してくれるが、勝手な行動はしないでと言われる。
しかしピーターはコナーズ博士に会おうと社内を探索する。 そこで遺伝子操作の実験中の蜘蛛に噛まれてしまう。 
そしてコナーズ博士に合うことができた。 コナーズ博士は自分の研究に最後の一手が思いつかなかった。 しかしピーターがリチャードの子を名乗ると迎え入れてくれた、そして博士に父の残した公式を伝えるのだった。
喜ぶ博士。 そしてオズコープ社を後にして家に帰るとピーターの体に異変が起きたのだった。 そして彼は自分の特殊な能力に気付き始めるのだった・・・・

サム・ライミ監督のスパイダーマンを、あえて終わらしたリブート作品ですね。
マーク・ウェヴの手腕はいかに? と全世界注目の中で本人も大きなプレッシャーかと思いましたが、見事期待に応えた作品ではないでしょうか?
確かに最初のピーターの体に変化が起こるまでは多少の設定の違いこそありますが、大体同じ展開になってしまうところを、うまくテンポよく表現しています。
またヒロインのグゥエンとはすんなりといい関係になっていくところ、早い段階でカミングアウトするところは全体のテンポの良さを感じ、リブートを上手く活かしていると思います。
大体過去の作品も見ている人がほとんどでしょうから、このやり方は正解ですね。 ただ勝負は2014年公開予定の2作目でしょう。 このテンポの良さと彼ならではのエッセンスをどう加えて行くのか? ラストはもう続編ありきという設定ですので、見る観客に対する宣戦布告という感じがしますね。
主役のアンドリュー・ガーフィールドが高校生役というのが実年齢と大きな開きがありますが、それは何とかこなしていましたね。 大きな期待をして2年後を待ちたいと思いました。

イメージ 1
正義感の強い高校生ピーター

イメージ 2
憧れのグゥエン

イメージ 3
彼は叔父と叔母に育てられた

イメージ 4
グゥエンの父は警官だった

イメージ 5
そしてピーターにある能力が

イメージ 6
スパイダーマンの誕生だった

イメージ 7